飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


Lisa Lisa and Cult Jam

d0053041_2154459.gif

* 日本でのブレイクはいまひとつだったけど

本国アメリカ、特にニューヨークでの人気はかなりのものだった。

グループのリードヴォーカルであるリサリサ(リサ・ヴェレス、ただ今41歳の若さ)は、シングルマザーの許に生まれた10人兄弟の末っ子で、いわゆるニューヨリカン(ニューヨーク生まれのプエルトリコ人)だ。彼女の存在が、その後のマイアミ・サウンドマシーン(含グロリア・エステファン)やブレンダ・K・スター、サ・ファイヤ、カヴァー・ガールズ、エクスポゼなどの一連のマイアミサウンド軍団へ続くラテン旋風をもたらす。

* もちろん、プロデュースはフル・フォース

フル・フォースのバックアップが無ければ、このグループは存在していない、と言っても良いくらいの切っても切れない間柄だ。フル・フォースは兄弟+従兄弟とその友人たちで構成されたファンクグループ。彼ら自身の録音よりプロデュース作品の方が高い評価を得ている。

カルトジャムの方は、Alex Moseley(ギター&ベース)とMike Hughes(ドラムス&キーボード)の二人だが、マイクの方が最初フル・フォースでボーヤ兼キーボードをしていたときにたまたま出会って、誘われたと言う。

フル・フォース側が、その頃台頭しつつあったニュー・エディションを、あたかも新時代のジャクソン5に仕立てたように、リサリサを新シュープリームス的に売り出したかったらしい。テクニック的に優れているとか、声量がある迫力ボーカリストとかとしてではなく【隣のかわいこちゃん】(天地真理か浅田美代子と同じ次元だ~~)としてである。

* そこで録音されたのが「テイク・ユーホーム」

正しいタイトルは"I Wonder if I Take You Home"である。これが全米34位、米ダンスチャート1位 英チャート12位のヒットとなった。その後フル・フォースとのデュエットの名曲:All cried out(全米8位)が発売され、後に色々な人にカバーされることになる。

このシングルを含んだアルバムLisa Lisa & Cult Jam with Full Force (1985)の頃は、まだ フル・フォースのクレジット付きだったが、次作Spanish Fly (1987) で大ブレイク。このアルバムから2曲の全米1位("Head To Toe" と "Lost In Emotion")を含む4曲のヒットが生まれた。
d0053041_21553110.jpg

* しかし、隆盛は長続きせず

その次のアルバム:Straight to the Sky (1989) から、中ヒット"Little Jackie Wants To Be a Star"(全米29位)が出たものの、あまり勢いが無く、その後のアルバム:Straight Outta Hell's Kitchen (1991) ( "Let the Beat Hit 'Em" :全米37位、米ダンスチャート1位)を最後に、グループ自体は休止状態に入る。

* しかし、こういう場合、ご多分に漏れず
d0053041_21542966.gif

リサリサはソロに転向する。しかし、長く「隣のリサリサちゃん」で売ってきた彼女を、容赦ない批評家や口汚い聴衆はそう簡単に受けれなかった。ソロデビュー1作目:LL77は不発に終わる。

しかし、彼女のようなラテンダンスミュージックのパイオニアがいたからこそ、現在のジェニファー・ロペスやマライア・キャリーがのうのうをしていられるのも事実。今聞くと、確かに甘いしちょいダサだし、ノスタルジーしかないと言ってもいいけど、彼女のした功績(デビュー時16歳!)の大きさを考えると、現在もアメリカのラテン社会での彼女の知名度や認知度は、バカに出来ないものがあるのである。

♪KOKI 

by kokimix | 2007-01-18 21:57 | 音楽

Evelyn Thomas

d0053041_21433425.jpg
* 80年代ダンスシーンを席捲!

あの頃、僕は渋谷のラ・スカラに入り浸っていた。入場料が割り引きになるサーフィンボードの形をしたキーホルダーを握り締めて、せっせと通っていた。

ダンスフロアでは、ハイ・エナジーが花盛りだった。イタリアン・ユーロビートが出て来る少し前の事だ。ブリティッシュ・インベイジョンも強かったが、僕はハイ・エナジーの方がどちらかと言うと性に合った。ミケル・ブラウンやヘイゼル・ディーン、パメラ・ナイチンゲール、ディヴァイン、シルベスターなどがそのカテゴリーに入るが、中でも今回ご紹介のイブリン・トーマスは歌唱力でピカイチだった。

* イリノイ州・シカゴ生まれ

ずっとイギリス生まれかと思っていたが、生粋のアメリカ人だと言う。どうやらUKで最初にヒットし始めたのは、彼女が故意に自分が黒人であることを「売らなかった」ためらしい。ちょっと聞くと、白人なのか、黒人なのか判断に苦しむような歌い方だが、その音域の広さや深い声質はさすが黒人のノドだ。

彼女のほかの曲を聴くと、音楽的にモータウンの影響を相当受けていることがよく分かる。

* 最初はイギリスのポップチャートで

火がついて、ドイツのチャートでも#1に輝いた。1984年のことである。その後、"Masquerade","Heartless"などのヒットを飛ばした。

しかし、いずれもシングルとしての扱いに長くとどまった。その頃12”シングルの存在が世間に認知されるようになって、出す曲がすべて12”で出てしまったからだ。 アルバムは合計6枚出しているが、,シュープリームスのヒット曲"Reflections"をハイエナジー風カバーバージョンがヒットして、アルバム:Standing at the Crossroadsがやっと陽の目を見た。
d0053041_21442152.jpg

* 今でも突き抜けるような

彼女の快唱を聞いていると、ちょっと元気になってくる。
おじさんかなぁ…iTuneストアにベスト版が出ていて、即座に買ったもので…今CDを探そうと思ってもなかなか店頭には無いので。
あぁ、ノスタルジー…

ちなみに、iTuneストアで彼女の名前を検索すると「ブルース」「R&B/ソウル」「ディスコ」と言う色々なカテゴリーで登録されていて、ちょっと笑える。

♪KOKI

by kokimix | 2007-01-17 21:48 | 音楽

1月15日は何の日?

* 昨日は何の日?

昨日はマーティン・ルーサー・キング牧師の誕生日だった。アメリカでは国民の祝日である。アメリカで国民の祝日に取り上げられた人間はコロンブスとワシントンと彼の3人だけ。

それ位本国では尊い存在だったわけだ。
d0053041_13344237.jpg

* 脱線

ちょっと話は変わるが、アレサ・フランクリンと言う歌手がいる。彼女がミュージカル「レ・ミゼラブル」からのナンバー「夢破れて」"I dreamed a dream"を歌うとき、必ず冒頭に"I have a dream"というフレーズを口にする。
d0053041_13352318.jpg

これはキング牧師のワシントン大行進での演説から引用されている。歌自体は愛する人に去られた悲しみを歌う歌だが、それをアレサは「世界平和を夢見てもなかなか叶わない」という解釈で聞かせたわけである。
d0053041_13363769.jpg

* 現在は芸能人の誕生日ソングとして認知されているけど

また、スティービー・ワンダーの大変有名な"Happy Birthday"という曲は、もともとキング牧師の誕生日(すなわち昨日)を祝って書いたと言われている。彼もまた、キング牧師の公民権運動における徹底した非暴力主義の支持者で、この歌はキング牧師の誕生日を祝日にするためのキャンペーン・ソングだったと言われている。
d0053041_13372790.jpg

同時期に運動を別の観点から展開したマルコムXもやはり暗殺者の手にかかってしまった。果たして、彼らの思いは国民や全世界の人々に届いたか?

by kokimix | 2007-01-16 13:38 | 音楽

アメリカ旅行記 2006 第二部 オーランド編 2

*僕たちが泊まったところ

出発する何日か前に、我が家で僕のバースディ・パーティーを開いた。たくさんの友人が来てくれたが、その中に少し久しぶりに会う相方の友人がいた。彼は全米で使える全てのマリオット・ホテル系列のリゾートの宿泊会員権を時間割(いわゆるタイムシェア)で持っていて、もうすぐ期限が切れる時間枠があるから、それを譲ってくれると申し出てくれた。それを使えば、格安でオーランドの一流のマリオット・リゾートに宿泊できるというわけだ。
d0053041_2335211.jpg

* マリオットは大規模展開

全米に2000件以上の支店を持つ巨大ホテルグループだ。僕が小学生の頃から「良いホテル」のイメージが強かった。ヒルトンも似ているが、ヒルトンはもっと沢山の宿泊客を詰め込む団体様用ホテルのイメージが強い。マリオットはもう少しランクが上かも。

今回僕たちが泊まった所は、シー・ワールドというテーマパークのすぐそばにある。
その名は「マリオット・サイプレス・ハーバー」。中はゴルフカートで回るくらい広く、実際隣にゴルフ場があり、僕らが泊まった部屋からティーグラウンドが見えた。全部で60ほどの部屋がアパートみたいに建っており、それぞれが豪華な作りになっている。
d0053041_2343693.jpg

d0053041_236587.jpg

僕らの場所はベッドルームが2つ(それぞれにバスルーム)、16畳ほどのリビングに8畳ほどのダイニングスペース、4畳のキッチンに3畳ほどの洗濯機スペース。
d0053041_2354430.jpg

鍋釜やかんに至るまで完璧にセットされていて、それぞれの部屋にテレビはもちろん、マスターバスルームにはガラス張りのシャワーブースとジャクジーが付いている。
d0053041_2362215.jpg

* 前項で紹介したイブが

通りがかりに僕らの部屋に寄ってくれて、一晩一緒に楽しく過ごした。彼女は乳がんにかかり壮絶な闘病生活の後、見事に女優業に復帰したたくましき女性である。ちょっとハイパーアクティブなのだが、そこがまた何ともパワフル。

* さて、そろそろ帰国しなければ

ここに来て、写真用のメモリーが無くなってしまって、思うように記録が残せなかったのが心残りである。次回はもう少し、写真用のメモリーカードを大きいものにしないと。

帰国前に、オーランドで全く使用しなかった日焼けオイル(タンパで買ったもの)を、機内持ち込み荷物検査で引っかかって、検視官にイラついたしまった。自分が忘れていたことに原因があったのに…トホホ。

とは言いながら、今回の旅行は良い思い出ばかりだった。出発前は気軽に「僕はとりあえず付き添いみたいなもんだから」と高をくくっていたのだが、いざ始まったら懐かしいことやら、新しい発見やらで、10年ぶりにアメリカ本土に渡ってみて、いい経験だった。良い人たちにも沢山巡り合えたし。

中でも、相方のお姉さん:ジニーには感謝している。道中での彼女との会話はとても心に残るものだった。彼女のような大人になりたいと思う今日この頃だ。

♪KOKI

by kokimix | 2007-01-14 23:09 | 旅行記

アメリカ旅行記 2006 第二部 オーランド編 1

* さて、最後の目的地

とんぼ返りで、フロリダ州のオーランドへとやってきた。気温差10度以上。オーランドは、タンパと同様に暖かい。

オーランドはエプコットセンターなど、数々のテーマパークがあることで有名だが、僕らは今回それを目的に来たわけではないのだった。

主目的は相方の姪:ニコールに会うためだ。ニコールはオーランドでデザイン関係の仕事をしている。同棲中のボーイフレンドはDJをする傍ら絵も描く多彩な人。彼らに車の運転などを頼んだ。

* 去年の記述で見覚えがある人もいると思う

何かと言うと「人食いバクテリア」の記述で、娘を残して逝ってしまった相方の元婚約者の女性:キャンディスの家族もそうは離れていないところにすんでいるので、その人たちとも会いたかった。(そう離れていないと言ってもジャクソンビルとオーランドは軽く200キロ離れている)

聞いていた印象より、娘さんという女の子:キャラは利発な感じだったが、よく話を聞くとまだ母親が理解不能な死に方をしたショックから立ち直っていない様子。今はキャンディスの母親:アニータが引き取って面倒を見ている。が、この一見普通に見える祖母と孫は実は血縁が無いのだ。キャラはキャンディスが引き取ったフォスターチャイルドなのである。アメリカでは、こうした家族関係はあまり珍しくない。

♪KOKI

by kokimix | 2007-01-11 10:01 | 旅行記