飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


Pointer Sistersよ、再び

d0053041_22502785.jpg

* 四女、ジューンの訃報に接し

しばし、愕然とした。少し前からおかしいとは思っていた。姉妹同士仲が悪くなったと言うのも聞いていた。ジューンがドラッグにおぼれていると言ううわさも聞いた。しかし、こんなにはやくこの日が来ようとは…

亡くなったのは、今年の4月11日。他のネットワークで知らせを聞いたのだが、まだ53歳と言う若さである。なんでも複数の部所の癌だったそうだ。

彼女は、多くのポインター・シスターズ名義のシングルでリードヴォーカルを務めて来た。Dare me, Jump for my love, Should I do it, Happinessなど、彼女のカーンと響く高音が必要な曲たちだ。彼女が健康上の理由で2004年にグループを離れて、ルース(長女)の娘:イッサにバトンタッチするのだが、彼女の抜けた穴は大きすぎた。他の長女と次女でジューンのカバーをしていたからだ。残念ながらイッサは彼女の代わりを務めるまでの実力がまだない。

これは、最近¥1000CDショップ(駅などにある仮店舗)などでDVDが手に入る。筆者もつられて買ってみたが、全盛期の輝きは微塵も感じられなかった。全体的にピッチも落ち、テンションも上がらず、体力の低下だけが目立つ乾いたステージに感じられた。

* 思い返すと

我が家にファーストアルバムがあったのが思い出される。父がいち早く見つけて、買って置いたらしいが、見つけた筆者はティーンの頃聞きまくった。特にYes we can can(全米11位)のヴォーカルワークの見事さに圧倒され、歌詞まで覚えてレコードと一緒に歌ったものだ。

まだその頃は三女ボニーが在籍していて、カルテットだった。女性のカルテットは当時せいぜいノーランズぐらいで、珍しかったと思う。しかし、血を分けた姉妹なので、当然ハモリは抜群に上手く、他の追随を許さなかった。後発でシスター・スレッジなどもいたが、音楽性の高さでは比較にならなかった。

* その後ボニーがソロに

ソロ作を聞くと、その空虚感で驚いた。シングルHeaven Must Have Sent Youはそれなりにディスコでウケたが、長続きはしなかった。彼女は後にも映画「ヘブンリー・ボディーズ」の主題歌などを歌ったが、はっきり言って「フラッシュダンス」の二番煎じで、まったく魅力を感じなかった。

早い話が、ボニーはモータウンに引き抜かれた(ほぼダマされた?)のだが、損をしてしまったと言わざるを得ない。

グループはトリオになって、方向転換を迫られた。そこで当時バーブラやカーリー・サイモンのプロデュースで人気の出てきたリチャード・ペリーに着いていくことを決め、プラネット・レコードと契約する。そこが大爆発の歴史への階段だった。
d0053041_22484054.jpg

* アルバムBreakoutのリリースで

彼女たちの評価は一変した。それまではどちらかと言うと、どこか懐かしい感じのロックやポップ色の強いグループだったのが、もっとテンションの高いファンキーさが求められるようになった。一躍アルバムをチャート上位へと押し上げたAutomaticは世間の度肝を抜いた。めずらしく長女ルースがソロを取ったのだが、彼女の声がバリトンの音域に届くほど低かったためだ。

また、同時期に行われたロサンゼルスオリンピックのキャンペーンに、彼女たちの次のシングルJump for my loveが使われたりして、ラッキーだった。グラミー賞でもポップヴォーカル賞とヴォーカルアレンジ賞を受賞した。

* それぞれソロ作が出るが

やはりパッとしなかったのは、ボニーと一緒だった。ファンのよしみでジューンのソロ2枚と次女アニタのソロ1枚を買ったが、どうもピンと来ない。仕方が無いね。もともと4人でやってきたのだから。ソロ・デビューって難しい。ダイアナみたいに鳴り物入りで無いと…ま、シュープリームスぐらいの化物グループになると、たいした宣伝もいらないが。

ジューンの最初のソロ作は、かなり姉さんたちに協力してもらって作った印象がある。また、シュープリームスやマーサとヴァンデラス、マーヴェレッツをお手本にした作りで、マーヴェレッツのカバー曲も入っていたと記憶している。

* その後、アルバムContactが

イマイチ売れなくて、シングルDare meが11位まで上がったものの、ほかのシングルは皆不発に終わった。最近誰か若い歌手が、このDare meを歌っているのを街中で聞いた。個人的にそれほどいい曲とは思わないけど、それでも少しだけ嬉しかった…

その後出たHot together, Serious Slammin'も不発で、残念ながら「パターン」にハマってしまった。ブロードウェイに進出して、Ain't Misbehavin'.に出演したりもした。(これは秀逸!)だが、結局業を煮やして、モータウンへ移籍する。しかし、やはりRight Rhythmが売れず、グループはやむなく冬眠状態に入る。
d0053041_22485899.jpg

* 再ブレイクはヨーロッパ

驚いたことに、彼女たちの活躍の場は、その後ベルギーやイタリアが中心となる。Jump for my loveがイギリスのポップアイドルグループ:ガールズ・アラウドによってカバーされてヒットしたり、ドイツやフランスでも歓迎された。

そのあたりから、ジューンがイッサにバトンタッチし、グループが存続していくわけだが、こうなってみると彼女たちも頑張ってきたなぁという思いでいっぱいである。まだグループ自体はイッサを加えた体制で活動中だが、僕の永遠のポップアイコンのひとつなだけに、ジューンの死がかえすがえすも残念でならない。
d0053041_22505624.jpg

* 個人的には

以前に紹介したBlack and White, Special Thingsのあたりのサウンドが一番好きだが、その直前のゴリゴリしたロックも、Breakoutのおもちゃ箱みたいなサウンドもそれぞれ愛着がある。「彼女たちの来日公演を生で見たのが自慢だ」って、何回言ったら気が済むだろうか…

♪KOKI

by kokimix | 2006-08-21 22:57 | 音楽

Paula Abdul

d0053041_0482658.jpg

*ここのところ

シンガーと言うよりは、エンターテイナーか下手をするとアイドルと呼ばれるような人の記事ばかり書いているような気がする…でも、懲りずに今度はポーラ嬢のお話だ。

僕が始めてポーラを見たのは、多分ジャネットのシングルNastyに出演しているのを見た時だろう。ジャネットと一緒に映画館で、その後大変有名になった振付を作り踊っていた若き日…今のビッチぶりは想像できない感じだったが。

*カリフォルニア州、サン・フェルナンド生まれ

1962年生まれ(ホント?)の今年44歳。意外と若いのね。彼女のアブドゥルというエキゾチックな名字は、父親の家族がシリア=ブラジル系の移民だからだそうな。両親がセファーディック系ユダヤ教信者ということもあって、なかなか厳しく育てられたらしい。

彼女は8歳のときにダンスレッスンを始め、高校生のときにチアリーダーとなる。これが後々彼女のキャリアの大元になるわけだ。卒業後カリフォルニア大学で放送を学び、ロスアンゼルス・レイカーズ(バスケットボール・チーム)のチアリーダーに700人の候補の中から選ばれて一員となる。

*その頃の踊りが、なんと

ジャクソン・ファミリーの目に留まり、彼らの1980年のシングルVictoryのPVの振付を任される。その後、妹ジャネットのPVの振付で大ブレイク。マイケルのLiberian GirlやジャネットのWhat Have You Done For Me LatelyとNastyを振付けた。

映画でも活躍、トム・クルーズの「ザ・エージェント」のハーフタイムショーやエディ・マーフィーの「星の王子ニューヨークに行く」トム・ハンクスの「ビッグ」などを手がける。

*いよいよ、満を持して

1988年に念願のCDデビュー、アルバムForever Your Girlをリリース。第1弾シングルKnocked Outはパッとしなかったが、その後にシングルカットしたStraight Upが全米1位を記録。
その後もForever you girl(1位), Cold hearted(1位),(It’s Just) The Way That You Love Me(3位),Opposites Attract(1位)が立て続けに大ヒット。アルバム自体も全世界で1700万枚を売り上げた。

でも、僕は持ってない。何故かと言うと、全曲12”で手に入れたから~
d0053041_0501868.jpg

  * 第二弾はツライ

その後に出したSpellboundがあまり批評家には受けが良くなかった。個人的にはけなすほどではなかったが、大人しかったのは事実。1stシングルRush, Rushがバラード風(「風」であって、バラードではない)ので、歌の下手さがモロに出てしまった感がある。この辺の教訓が最近のジェイロ-あたりで生きているような気がするけど…考えすぎ?

2ndシングルThe Promise of a New Day共々、一応1位は獲得しているけど。
VibeologyをMTVアワードの席で披露した時に、全身総タイツを身にまとっていて、うっかりダイエットに失敗、見ていた関係者から「太りすぎでは?」とクレームが入ったらしい。と言うのも、彼女はその頃エクササイズビデオを出していたから。(ストレスで食べ過ぎたらしい)
d0053041_0503199.jpg

*その後も

第3弾アルバムHead Over HeelsからのシングルMy Love Is for Realで、中東の歌姫:オフラ・ハザと共演したり、Crazy Coolを発売するなど、それなりに精力的だった。しかし、My Love Is for Realが1位を獲得するもCrazy Coolは13位と、以前ほどのチャートアクションはなかった。

ま、無いよりマシだけど。

その頃、彼女はレコード会社の移籍問題で困っていた。契約していたマーキュリーレコードからユニヴァーサルへ移籍したのだが、ユニヴァーサルがマーキュリーの親会社のポリグラムと合併するかどうかでこじれて、宙に浮いた形になってしまったらしい。

*最近はご存知の通り

超人気番組「アメリカン・アイドル」の審査員(と言っても、点は付けないけど)のひとりとして、相変わらずテレビでよく見る。一緒に出ているベーシストのランディ・ジャクソンと新しいレーベルを立ち上げて、彼のプロデュースで新アルバムを作るのではと噂されている。

*私生活では

往年の名優:マーチン・シーンの息子のエミリオ・エステヴェスと結婚・離婚後、その後も人気デザイナーや人気ゴルファー、投資会社のCEOとも浮名を流し続けている。つい先日、モデルのダンテ・スペンサーバットと破局したばかり…だそうで。
d0053041_123450.jpg

*歌はね、はっきり言って

下手です。これは断言できます。なぜ歌のコンテストの審査員をしているのか、まったく理解不能だけど、あのビッチぶりが見られないのも、なんかさびしい…様な気もする。

ヒットしている頃は、いい曲をもらってうまく自分のものにしているなぁ、と思っていたけど、他の人が同じ歌を歌って、それがスーパー上手かったりとかすると「あ、やっぱりね」となるわけで。

おまけに、衣裳のセンスのないことと言ったら。もちろんちゃんとスタイリストは付いているんだろうけど、コンサートで着ていた衣裳のダサいことと言ったら無かった。変な演歌歌手なみの趣味で。それを言ったらカイリー・ミノーグとかもそうなんだけど。

*      一応功績としては

ただ、Straight UpのPVで見せたタップとファンクの融合は、その後のアーチストにかなりヒントを与えたのではないかと思う。あれはカッコよかったね。

と、なんだかんだ言いながら、最近iTuneで買い求めたShut Up and Dance(ダンス・リミックス集)が我がiPodでヘビーローテーション中…節操が無い?こりゃまた、失礼しました…

♪KOKI

by kokimix | 2006-08-21 00:57 | 音楽

Sheena Easton

d0053041_2234343.jpg
* 永遠のモダンガール

彼女のデビューには、もう僕は既に大人だったので、かなりリアルタイムでかたることができる。これがオリビアとなると、ちょいと微妙だが…(これでも、もうすぐ40)

デビュー作のアルバムTake my timeから、欧米では9 to 5 (Mornign train)が全米1位に、日本ではModern Girlがシングルとしてヒットして(全米18位)、その可愛いルックスも加わり、たちまち人気者になった。イメージは限りなく在りし日のダイアナ妃…
d0053041_22344645.jpg

1959年生まれだから…今47歳。そんなにまだ老けてはいないはず。6人兄弟の末っ子で、実は本当の名字はOrrと言うそうだ。これじゃ発音しにくいね。

20歳の時に一度結婚し、その時の夫:Sandi Eastonの名字をそのままデビューの時も名乗ったと言うわけだ。それまで王立スコットランド音楽アカデミーで研鑽を積んできた彼女にEMIレコードが目をつけ、後に正式にお披露目となる。

グラミー賞の最優秀新人賞も獲った。これがマズかったか?

* アイドルの苦戦

その後、007シリーズのFor Your Eyes Onlyの主題かも歌い、おまけに画面にまで登場してしまった(主題歌担当のアーチストがスクリーンに出たことは、いまだにない)。
d0053041_22343322.jpg

その後少し伸び悩むが、この頃にいい曲をもらって歌っているのだ。例えば、2作目のYOu Could Have Been With Meのタイトル曲はなかなかスケールの大きいいいバラードだし、次作のMachineryのタイトル曲(これはかなり評判が悪かったが、僕は好き)や、それに収録されていたWind Beneath My Wings, I Wouldn't Beg For Waterなどは注目に値すると思う。

この頃の曲が、ノエ○ア化粧品のテレビCMに使われていたので、ご存知の方も多いだろう。飛行機を操縦する若い女が出てくるCM…

* へんし~~ん!

そこで困ったエージェントがカントリー界に目をつけ、実現したのが大御所ケニー・ロジャースとのデュエット。まるで親子のようだが、聞くとそれほど気にならない…様な気がする。その曲:We've Got Tonightは全米6位まで上った。

次に出したBest Kept SecretがTelefone (Long Distance Love Affair)(9位)、Almost Over You(4位、美曲!) がかなりヒットし、ポップ界のアイドルへとようやく返り咲く。
d0053041_2235852.jpg

日本では某焼酎のCMで本人が登場したDevil In A Fast Carでの、彼女の美貌が話題になった。

* またまた、へんし~~ん!!

次に彼女のスタッフが依頼したのが、プリンス。その頃人気が最高潮だった彼にシーナを預ければもう一皮向けるだろうと計算だったようだが。よく比較されるオリビアがカントリーガールからガラッとセクシー路線にイメチェンにできたように、彼女とそのブレーンも頑張ったようだ。

その甲斐あって、続くアルバムA Private Heavenは、彼女のキャリアの中でもっとも良いセールスを記録する。中からStrut(7位)Sugar Walls(9位)Swearなどのヒットが生まれた。
また、プリンスのシングルU Got the Lookではデュエットするなど、なかなか親密だったようだ。
d0053041_22352561.jpg

* 彼女は波があるんだなぁ

続くアルバムDo YouとシングルDo It For Loveは評論家の支持を得られず、全米29位と揮わなかった。それに続き製作されたアルバムNo Sound But A Heartでは、再度プリンスを要請しシングルEternityを録音したが、アメリカではとうとうシングルカットされないと言う事態になった。チャカ・カーンが歌って評価された楽曲だっただけに、彼女の解釈が受け入れられなかったのはイタイ。

当時レコード会社を移籍したばかりの彼女はかなり焦っていただろう。EMIからMCIと言う大手から大手への移動だった。しかし、MCIは当時かなりR&B路線で売っていた会社で、彼女もヒットを飛ばすならR&B路線が手っ取り早いだろうと言うことで、売り出し中のベビーフェイスを担ぎ出した。そこで製作されたのが大ヒットThe Lover In Meである。
d0053041_22355730.jpg

これは全米2位まで上がり、さぞや彼女はホッとしたことだろうが…。

その頃、彼女は演技にも活動の場を求め、TVシリーズ「マイアミ・バイス」で、ドン・ジョンソン演じる主人公:ソニー・クロケットと恋に落ち結婚するが殺されてしまうと言うケイトリンというキャラクターを演じた。それと、映画「昨日の夜は…」(主演:デミ・ムーア)や「サンタクロース」などの主題歌を歌ったりもした。(ヒットせず…だけど、サンタクロースの曲はいい曲)

その後もアルバムWhat Comes Naturallyからタイトル曲が19位まで上がる中ヒットとなる。続いてアルバムFabulousでは、古今東西のダンスヒットを集めたカバーしたが、これは柄ではなく、オリジナルを超える出来にはならなかった。

* それでも

またブロードウェイにも進出し、「ラ・マンチャの男」と「グリース」にも出演。声を途中で壊して途中降板をしたこともあるらしい。アニメの声優まがいのこともしながら何とかショウビズ界を生き延びる。

最近はラスベガスに居を構え、養子の二人の子供を育てながら、たまにカジノのショーに出るらしい。また、去年ニューヨークで行われた「ジョセフと不思議なドリームコート」のナレーター役出出演した。

* 早い話が

彼女は今までに4回結婚しているらしい。ムラッ気なのか?きっとそうなんだろう。この路線が飽きてきたと自分が判断すると、どんどん次に行ってしまう。ジャズに走ったこともあったが、これは大失敗だった。誰にも向き不向きというのがあるものだ。

何年か前に来日したが、観には行かなかった。個人的には、昔のアイドルのままでいて欲しいのだ。松田聖子を超えられない河合奈保子でもいいじゃないか!シーナはシーナなのだから…

まとめになってない…

♪KOKI

by kokimix | 2006-08-18 22:41 | 音楽

Jeffrey Osborn

d0053041_23301991.jpg

* 味のある深い声が魅力

僕とこの人の出会いは、やはり出世作となった大ヒット曲On The Wings Of Loveだろう。その洗練されたサウンドと、巧みなボーカルのマッチがとても心地よい。

もともとL.T.D.というファンクバンドのメンバーで、ドラムを担当、後にリードボーカルとなる。

ロードアイランド州のプロヴァンス出身で、12人兄弟(!)の末っ子として生を受けた。家族のうちの何人かはミュージシャンの音楽一家だ。父親はカウント・ベイシーやデューク・エリントンのバンドでプレイしていたトランペット奏者だった。

* L.T.D.時代に

Everytime I Turn Around (Back In Love Again)と(Holdin' On) When Love Is Goneのヒットに恵まれた。サウンドとしてはクール&ザ・ギャングやギャップバンドなんかに近い。

その後1982年にソロ活動を開始。先述のOn The Wings Of Loveを含むアルバム:Jeffrey Osbornをリリース。その曲が全米ポップチャート29位まで上がり、衆知の存在となる。

その後も同アルバムからI Really Don't Need No Lightが39位、その後にリリースしたアルバムStay With Me TonightからもDon't You Get So Mad(25位) とタイトルトラック (30位)(クイーンのブライアン・メイが華麗なギターソロで参加)がヒットする。
d0053041_23303865.jpg

* 他にもまだまだ

アルバムEmotionalからのシングルYou Should Be Mine (The Woo Woo Song)が
全米13位まで上がる大ヒット。ちなみにパット・べネターのWoo Woo Songとは同名異曲。

個人的にはジョイス・ケネディとデュエットしたThe Last Time I Made Loveがお気に入り。
もう、「おとな」って感じ…

また、ホイットニー・ヒューストンのヒット曲All At Onceは、彼の作品である。

* 最近日本橋にできた

「コットンクラブ」というライブハウスに今年の2月頃来日していたが、見逃した。残念。生で見るともっと迫力があると思う。

基本的にバラッディーアの側面がクローズアップされがちだが、きっと気合の入ったファンク魂を見せてくれるだろうと思うのだ。

♪KOKI

by kokimix | 2006-08-14 23:33 | 音楽