飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

<   2005年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


Fame

d0053041_2312443.jpg

* ふと空を見ていたら

火星か金星か、明るい星が夕方の空に出ていて…このシチュエーションて、なんか歌にあったな…あ、そうだ!I sing the body electricだぁ!と思い出したのでした。

あの歌を聞くたびに、あの自分が持っていた情熱をほんの少しだけ呼び覚ますことが出来るような気がするのです。胸キュン!

* 名シーンの連続

映画のFameは何度見たか知れませんし、テレビシリーズの方はもっと思い入れがあります。今は当たり前のように思いますが、その頃週一でやるテレビドラマで必ず大きなミュージカルシーンがあるのは大変珍しかったのです。もう、テレビに釘付けでした。

映画&テレビシリーズでダンスの先生だったデビー・アレンは、後にブロードウェイでスターになりました。(スイート・チャリティ主演)
d0053041_22592140.jpg

映画で主役の一人だったアイリーン・キャラは後に「フラッシュダンス」(なつかし~)の主題歌を歌ってグラミー賞を獲得しました。

彼女たちは、映画やドラマを地で行く活躍ぶりだったわけです。

* 特に心が燃えた/燃えるのは

映画の「ホット・ランチ・ジャム」というナンバーのシーンです。ストンプよろしく、食堂にあるそこらへんのものを使って、誰かがリズムをたたき出す。すると違う子がそれにノッてくる。そしてまた一人、また一人、最後には食堂にいた全員が大ナンバーをくり広げると言うものでした。
d0053041_230384.jpg

青春だなぁ…(^ ^)/☆

♪こーき 

by kokimix | 2005-09-29 23:03 | 映画

RENT映画版の予告編を見て

d0053041_941630.jpg
* 結構マトモで少し拍子抜け?

レントと言えば、大ヒットロック・ミュージカルのニューウェーブとしての金字塔を打ち立てた作品です。これの映画化ということで、あの少し薄暗い、陰湿なイメージがどう映像に反映されるかと期待していたのですが(そんな風に思っているのは僕だけ??)、思ったよりマトモな人の集団に見えて、その辺がハリウッドとニューヨークの違いなのかな、と勝手に思いました。

* 歌一曲まるごと

予告編では「シーズンズ・オブ・ラブ」が一曲まるまる使われています。まるでミュージックビデオの様でした。キャストは1996年初演当時のキャストが主に採用されています。
d0053041_8595112.jpg

なんだかコーラスもすごくキレイで、合唱団のようなのがチョッピリ気になる…

http://www.sonypictures.com/movies/rent/ で映画の予告編や情報が手に入ります。
d0053041_904551.jpg


by kokimix | 2005-09-24 09:03 | ミュージカル

初体験!東京ディズニーシー(遅!)

d0053041_935284.jpg
* やっと行くことが出来ました

開園から早4年、やっと念願の東京ディズニーシーに行ってまいりました。平日と言うのに結構な人手で、暇な人は沢山いるんだなぁと実感(お前もじゃ、アホ)

入ってすぐに、テレビの宣伝で見ていたレイジング・スピリットのファストパスを取りに行きました。が、その場所が入り口より一番遠くにあるので、自動的に南北に園内を縦断しなければなりません。

歩き出すと、面白いことに気が付きました。ディズニーランドはアメリカも日本も(他の国は知らないけど)園内の道に高低がほとんどないのが普通です。あまり坂道などがあると、子供が必要以上に疲れてしまうからかもしれません。ところがディズニーシーにはずいぶん坂道や階段が沢山あるのです。ひ~これじゃ大人も疲れちゃうよ~

* ファストパス

レイジング・スピリッツ(高速ローラーコースター)のファストパス(整理券)をもらおうといきまいて行ったのですが、どういう訳かファストパスを配る所は閉鎖されていました。なんで~こんなにがんばって歩いてきたのに~

しょうがないので、「インディ・ジョーンズの冒険」のファストパスをゲット。

このファストパスのシステムが分からなくてその後、他の乗り物のパスを取ろうとしましたが、機械に「ダメだよ~ん」と言われてしまいます。ある一定の時間内に複数のパスを取得することはコンピューターが許さないシステムのようです。

確かに、身体は二つないからね。ショーとかも見たいからこれでいいのか。

* その後

ストーム・ライダー(シュミレーション)やアンコール(ブロードウェイミュージカルのダイジェストショー)、リトルマーメイドの空中ショーなどを見て、おやつなど食べました。ちょっと天気が悪くて、時々小雨に降られましたが、これは日本のお国柄でしょうがないし。

* びっくり!

海底2万マイルの乗り場の近くで行列を発見。その先には一台のワゴン。
「あ、これって、もしかして…」

そうでした。
以前にテレビで見たことがあったのです。ギョウザドッグを買う人々の長蛇の列でした。何度そばを行きすぎても、列が途絶えることは全くありませんでした。…それって、そんなにおいしいの?どう見ても、ただの<細長い肉まん>なんだけど。

* 最後は

ブラビッシーモ(炎と水の野外ショー)と花火(これがいつも楽しみ)を見て、そのまま閉園までホテルミラコスタのレストランでボヤボヤしてました。時折火山の噴火が窓外に見えてなかなかの眺望。昼間はもっとキレイかな。

全体的に、かなり画面の作り方にこだわった様子がうかがえます。新しいエリアに入るときの驚きを大切にしてると言った感じでした。

♪こーき

by kokimix | 2005-09-21 09:35 | 日記

危険な世の中ですな

* うちの目の前で

僕は新青梅街道沿いのマンションに自宅があるのですが、その大きな幹線道路で交通事故が発生しました。大きいと言っても上下併せて4車線しかないのですが、そこでかなりドラマチックな事故があったのです。

実家に電話をしている最中に、相方のデカイ声。「来て来て!なんか大変なことが起きてるよ!」
ナンなの?と電話をしながらベランダに出てみると(我が家は6階です)下り車線に完全に上下ひっくり返った乗用車がいるではありませんか。周りにはすでにパトカーや消防車、救急車などが来ていて、レスキュー隊も出動。近くのひしゃげたガードレールには子供が一人腰掛けています。

* ベランダでの会話

「多分ね、あの子が自転車かなんかに乗ってたのをよけたんじゃないかなぁ」と相方。
「見たの、それ?」
「見てないけどね。」
「でもあの子、怪我してないみたいじゃない?」
「そうだねぇ」

でもその子は母親と思しき人物と共に救急車で運ばれていきました。

「車の中にいた人はどうしたんだろう?」と聞くと、
「行ってみてくる」と相方。
え~やめなよ、と思いつつも、なんだか少しばかり嬉しそうな相方を下に行かせ、僕は報告を待ちました。

* 現場に行った相方

「どうだった?」と帰ってきた相方に聞いても、「もう誰もいなくなちゃった。車の中の人もいないよ。大丈夫だったのかなぁ。」となんだか的を得ない返事。

どうやら、車はガードレールにぶつかって右に重心がずれ、そのままスタントカーのごとくコロンと横に倒れてしまったらしいのです。それにしても、あんなに見事に…ねぇ。

気が付いたら車は跡形もなく片付けられていました。幸い火が出なかったので大事には到りませんでしたが。他のけが人もいなかったし。


*その後

たまたま外で丸の内線に乗ったら、一番後ろの車両から順番に警護しているらしき重装備の警察官の2人組に遭遇。

交通も事故も怖いけど、テロも怖いし、台風や地震だって侮れない。なんとも危険な世の中なのを実感した一日でした。

♪こーき

by kokimix | 2005-09-19 23:21 | 日記

いい加減に目覚めなさい!

* ドラマ「女王の教室」を見て

元宝塚月組トップスターの天海祐希さん主演のドラマ「女王の教室」が昨日最終回を迎えました。僕はハッキリ言って毎週見ていたわけではなかったのですが、後半その独特の雰囲気についついチャンネルを合わせることが多くなりました。

…昨日はちょっと出かけたので、わざわざビデオに録って見てしまいました。

* 天海さんって
d0053041_9381853.jpg

劇団在団中はキレイでデカイだけの人なのかと思っていましたが、色々映画やドラマなどを通過するうちに、いつの間にか演技派になりつつあるなぁと言うのが感想です。(オコガマシイ)

最後にカーテンコール風の終わり方になるのですが、しっかり元ジェンヌの技術も発揮して、オイシイ。

* 劇中の阿久津真矢は

キャラクターとして確固たるものを持っている人に描かれているので、演じる方としてはかえってやりやすかったのではないかと思います。とは言っても、少しでも「内なる感情」を匂わせてはいけないので、その辺はかなり気を使ったのではないかと思います。

インタビューでも「撮影以外のときは、子供たちと無駄に接しないように心がけている。彼ら(子供たち)の集中力をそぐような結果になってほしくないから」と答えていました。その代わり「いい演技が出来た子供には、ちゃんとねぎらいの言葉をかけるようにしていた」とも。

* 真矢の主張には

個人的に多くのことが賛成できます。確かに、今の大人は少々子供に遠慮している部分があるかもしれません。自分も、電車など公共の場で子供が大騒ぎしているのを見る度に、どんな一言を浴びせかけて懲らしめてやろうかと思いますが、なかなか実行には移せないものです。

でも、子供には言ってあげないと永久に分かりません。ものには<節度>と言うものがあります。その<節度>に関しては、人それぞれ違うものさしを持っているにしても、誰かが教えてやらないといつまでもわからないと言うのは事実だと思います。

ま、程度の問題ですが…。

* 最後の

キャストのエンドロールが出てから、しおり先生(原沙知絵)が阿久津ばりに変身しているのが
おかしかった。それと、最後の和美の一言に、思わず笑顔を見せる真矢の表情がよかった。
あれを見せるときに、これまでの仏頂面が効いてくるのですから。

♪こーき

by kokimix | 2005-09-18 09:41 | テレビ

ところで選挙って?

* 意外と空いていた

みなさん、選挙って行きました?一応僕も行きましたが、あまりのスムーズさ(空いてたのと係りの人の多さ)で少々肩透かしを食らった感じでした。うちから歩いて7、8分の高校が投票所だったのですが、たまたまその日がその高校の文化祭で、ヘタクソな(失礼)バンドのBGMの中、投票する羽目になりました。時間にして3分ぐらい?

帰りに寄った某ファミレスもいつもの日曜日の込み具合で、「これは投票率は思ったほどいかないかもね」などと余計なことを考えていました。

* そしてテレビでは

お決まりの選挙特番目白押しで、こちらも少々食傷気味。面白いのが、各局ごとに集計の方法が違うのか、デスクの思い切りの問題なのか、獲得票や議席数にバラつきが目立ちました。ま、それだけ、一生懸命テレビを見てたから、分かることなんですけど。

選挙特番がいつもはあまり面白いものではないので、いままでそう注意してみていなかったわけでもなかったのかもしれません。

* 聞いた話だと

なんでもテレビが出す「当選確実」は各局によって、確実を決定する方式が違うのだとか。ある曲などは、「日本野鳥の会」よろしく、双眼鏡片手に開票所で開票をしている人々の手元を観察し、いちいちカウントして数字を出しているそうです。地道な作業だ…「紅白」ほど評価されないだろうし。

あと、すごく思想的に偏った人がキャスターをしている局が合ったけど、あれもどうなんだろ?もう小泉政権憎しというのが画面からにじみ出ちゃってる。あと、わざと意地悪な質問をして、相手を怒らせようとする姑息な手段に出る人とか。そういうのはイヤだな。

ある女優さん(今回立候補し、見事当選した某議員のご子息の奥様)があまりにキレイで、ある芸能レポーターが「次の選挙に出るかも」ともらしていました。そりゃそうでしょ。知名度は抜群だし、そこらへんの刺客/マドンナ候補よりはウンと美人なのだから。出たら当選するかもね。
でも、個人的には出ないで欲しいな~

* 今日は

横浜で本番です。横浜みなとみらい線日本大通り駅からすぐの、小さいけれど素敵なお店「ライアー」にてです。(SKビル5階:図参照)
一人でも多くのお客様が来てくださいますように…この際「森田浩貴を、こーきをよろしくお願いいたします!」だっ!!
d0053041_1016884.jpg

♪こーき

by kokimix | 2005-09-14 10:19 | 日記

只今クリスマスの準備中

* 相方(ジョン)と一緒に

新ビジネスを旗揚げできそうです。都内は飯倉にある東京アメリカンクラブ(会員制のクラブで、会員の半分は日本人、後の半分が外国人)から正式に依頼を受けて、クリスマスショーの製作をする運びとなりました。

* いつやるかというと

期間は11月の最後の週から12月1日にかけてです。なぜその時期にやるかというと、外国の人たちが実際のクリスマスの頃には自国へ帰ってしまうからです。

基本的にクラブの会員のための公演ですが、一般の方もごらんいただけるシステムになります。

* 肝心の

中身は、サンタクロース(もちろんジョン)とその仲間;奥さんのミセスサンタとエルフ達が、プレゼントを運ぶバッグを巡って、森のドラゴンと騒動をおこすという話です。他愛もない話で、全くの子供向けですが、大人の人にも楽しめ羽陽名者を作ろうと、思案中です。
d0053041_235174.jpg

* キャストは

今までTIPというボランティア劇団によって公演が行われていたアメリカンクラブのクリスマスショーを、今回我々が「プロとして」担当することで、こちらもそれなりの責任があります。おかげでジョンはTIPを辞める羽目になりましたが、それはそれ。

* というわけで

只今英語が出来て、子供向けの芝居が出来る人をキャストとして探している最中です。(台詞・歌全て英語での公演です)公演時間は、30~45分ぐらいの予定と見込んでいます。

幾人かはもうキャスティングが終わっていますが(K-1その他の野太いリングコールで御馴染みのレニー・ハートさんが参加予定)他のキャラクターはまだ選考中です。
d0053041_22583463.jpg


僕は何をするかというと、音楽監督という立場と製作を掛け持ちます。多分自分がステージに上がることはないと思いますが…こればっかりはまだ分かりません。

♪こーき

by kokimix | 2005-09-13 23:07 | 日記

砂時計が消えない…とても遅い…何もかも

* きっと単に

メモリーを音楽ファイルで取られてしまって、動きが鈍くなっているのが原因だ…と思っていますが、なにしろパフォーマンスが悪すぎるのです、うちのPCったら!HDウォークマンにデータを転送するために大量の音楽データをPCにぶち込んでいるのがいけないんですけど、なんとかなりませんかね~

少し前に音楽データを出したり入れたりしていた時に、何かの拍子にHDウォークマンが固まりやがって…本当に使えないヤツです。何をしても全く動かなくなってしまって、一度全リセットをする羽目になりました。しかし、PCの音楽データを入れたり出したりしていたので、全部が一度に復帰できずに、今また録音しなおしの最中です。(まだ半分くらいしか終わってない…)

* 大体が

うちにあるCDを全部入れようとしているあたりからしてオカシイのですが(只今3829曲が録音済み)、でも入れ始めると「あれもこれも」って欲張りになっちゃうんだよな~

いけないクセです。誰か助けて~

♪こーき

by kokimix | 2005-09-12 22:06 | 日記

O-ZONEの「のまのま」、いいですね~

d0053041_10213398.jpg

* お世話になっている方から

CD&DVDを頂きました、O-ZONEの「恋のマイアヒ」。これから落ち込んだときに見ようと決意するぐらい…おかしい!腹抱えて笑えます。

もともと僕はいわゆる「空耳」系のネタが大好きで、これが僕のオチャラケ作品の原点ともいえます。ルーマニア語らしいですけど。

* 大したことじゃないけど

実はこれには、言葉を覚える極意が隠されているような気がします。昨日電車で僕の左側に座っていたおじさまが開いていた本が「タイ語を語呂で覚える」というもの。(もちろん無断で盗み見、あなたもするでしょ?)<こんにちは:サワディカッ>だったら、「さわやかに乾杯」とかそんな感じで。

昔の人がやっていたとされる「掘った芋いじるな」も同じ理屈なんですけど、これを数珠繋ぎにしていくとかなりの単語が覚えられます。

* 何が面白いって

「マイアヒ」に話を戻しましょう。僕が好きなのは、空耳のフレーズを言っている本人ではなく、それを聞いてリアクションをとっているもう一人(一匹?)の方の動きです。僕の自論は、「芝居はリアクションで決まる」というものなのですが、例えばどんなにある人が怖い人を演じていても、相手(周り)の人が怖がらなければ、一人相撲になってしまうからです。

例のもう一匹の方の反応は、ただ反応するだけじゃなく、ほぼ漫才における「突っ込み」の役割を果たしている所がニクいなぁと感心するのです。どういう人が書いたんだろ…(興味津々)

* サウンド自体は

まぁ、典型的なユーロビートなんですけど、僕にとっては好感持てる感じです。先日行ってきたタイでもあちらこちらで流れていました。個人的に、今流行のトランスミックスなどは、曲本来の良さをなくしてしまっているようで、あまり好きではありません。大きなスペースで、大きな音量で聞くといいのかもしれないけど。

* オリジナルの歌詞は

大したことを言っていません。自分自身をピカソになぞらえて、愛する人への愛を歌とかそういう類の詞です。アルバムとして他の曲も聴きましたが、他の曲の方が彼らのやりたいことなのかな?そんな感じがします。

* 遅ッ!

もうこの曲が流行り始めて、2ヶ月ぐらいが経とうとしています。(もっと早く書かにゃ)

最初SMAPの番組で流れ始めたそうで。やっぱり彼らのブレーンはすごいなぁ。ジャニーズの優れている所は、次に何が来るかを、敏感に察知している所だと思います。

♪こーき 

by kokimix | 2005-09-09 10:24 | 音楽

本屋さんて、そんなにキビシいの?

* 次々と

家の隣に、このあたりでは名の知れたチェーン<よむ○む>の店舗が閉店することになりました。うちの反対隣は早稲田高校があって、多分そこの高校生達が行くはずだと思っていた(少なくとも教科書・参考書の類は置いているし)ので、よもや閉店するとは思っていなかったのです。

* そして

渋谷に久しぶりに行くと、昔使っていた半蔵門線の出口の近くの○屋書店も閉店に。僕が学生時代からよく行っていた本屋だったので(しかも3階ぶち抜きの大きな店舗)、これも閉店になるとは思っていませんでした。駅も近いし、渋谷のど真ん中で。

* それに加えて

僕が住む沿線の出発点:西武新宿駅の駅ビル:Pepeでも、7階の大きな本屋:書○が閉店することに。まぁ、確かに本を買いに7階まで上がることは骨かもしれないけど。でも、その上の8階に¥100ショップの大きいのがあって、こちらは時間を問わず大繁盛しているので、その客が下りてくることも見込めたかもしれないが…なかなかそう上手くは行きませんな。

* テレビなどで言っていたけど

最近の書店業というのは、続発する若年層の万引きにかなり食いつぶされているらしい。万引きをしたチンピラどもは、かっぱらった本を古本屋に持っていって、いい値段で売るのだそうで。

いい商売だな、オイ!

* しかも

書店業界には、基本的に値引きが許されておらず、他の店との差別化が図りにくい、という事情もあるらしい。これでは古本屋に先を越されてもしょうがないかも。一部の店ではポイントカードを作ったりしているけど、「時すでに遅し」の感は否めないしね。

人と顔を合わせないで買えるという<ネット販売>というのも伸びてきてるし。

* 僕は時間が空いたとき

なるべく本屋でぶらぶらするようにしているけど、最近の本屋さんはカフェと合体していたり、立ち読みOKだったりして、なんとかお客さんの足を止めようと必死ですね。

改善して成功した例もあります。最近改装された新宿三越がそれです。7・8階にジュンク堂を配し、2階にはワイヤード・カフェも設置するなど、企業としての努力の跡が見えます。確かにいるのは若い人ばかりで、お年寄りなどには入りにくいかもしれないけど、何しても「人が来る」ってことはそれだけで半分成功と言えるわけですから。

もともとジュンク堂は神戸の本屋さんだったそうで、僕は仙台で初めて入りました。皆が平気で本を片手に、そこらへんにある椅子に座って読んでいるのを見て「汚しちゃったりしないのかなぁ」と不思議な思いで見ていました。日本人ってそういうことは気をつけるかな、やっぱり。

* 結論として

どうでもいいんですけど、あまり「もうこれ以上売れないから、閉店する」っていう安直な決断は出来れば避けていただきたいのです。たとえ読まなくても、本のラインナップを見ているだけで勉強になるし、それこそ本屋でめぐり会って読む本と言うのも数多くあります。(これがアマゾンとかにはない部分)装丁を実際に見て、手にとって、開いてみて、字の感じとか並び方とか、挿絵とか確かめて買うっていうのは必要なことだと思うんですよ。

本屋よ、かっぱらいやネットや古本屋に負けるなーっ!!

♪こーき

by kokimix | 2005-09-07 21:45 | 日記