飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

<   2005年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧


でとち(出トチ)て、何のことだか分かります?

舞台公演中に、出なくちゃいけない場面で出なかったことを指すのです。
僕は自慢じゃありませんが、これはやったことがありませんが、何回かこの「出トチ」に出くわしたことがあります。

「出島」のことを書いていて、ふと思い出したのですが、僕達書院組のメンバーと座長木の実ナナさんが幕前芝居(中幕が下りていて、その後ろでセットを転換している)をするという段取りのときのこと、僕らには大きい台詞はなく「はい!(元気よく)」とかガヤ(台詞のある人に対して相槌を打つ)とかぐらいしかなかったのですが、ストーリー上出た方が効果があったので、出演することになっていました。

ある役者さんが、キューが近づいても袖に現れません。「あれ?どうしたのかな?」と思っていたのですが、大抵そういう時、役者は駆け込んできて、ギリギリシーンには間に合うということが多いので、そのままにして置きましたが、いざキューになっても姿が見えません。

僕らは仕方なく出ましたが、帰ってくると呆然とした顔で「出トチ」をしてしまった彼が立ち尽くしていて、「ま、お客さんは言われなければ、わからないっちゃわからないよ」と、慰めてるんだかなんだか分からない言葉で、その場は治まりました。


役者さんには2通りいて、自分の出演シーンのすごく前から袖でスタンバイする人と直前にならないと姿を見せない人がいます。

彼はもともとミュージシャンなので、この「舞台の習慣」にはあまり慣れていなかったので、しょうがないのですが。

でも、彼は某舞台作品で座長を務めたこともあったのに(あ、こう言うと誰だかわかっちゃう!)。


ある役者さん(僕がレ・ミゼラブルで長いこと一緒だった人)が、新宿コマ劇場にその後出演したときのこと、大変大きな役であるにも拘らず、この「出トチ」をしてしまいました。
それも3分!その間別の役者さんがアカペラで歌うなど、随分苦労して繋いでくれたそうですが、その後演出家からこっぴどく怒られたそうです。

…劇場始まって以来最長の「出トチ」だと…。

♪こーき

by kokimix | 2005-07-06 10:36 | ミュージカル

音楽劇「出島」のあれこれ

大変仲の良いカンパニーで楽しい思い出が尽きませんが、中でも思い出されるのが長崎公演です。もちろんこの作品がもともと長崎県からの依頼でプロデュースされていることから、長崎で公演するのは当然のことなのですが、「皆で長崎に行く」ということが、いざ現地に着いてみて初めて実感できたのが嬉しかったなぁ。
d0053041_10484141.jpg

修学旅行さながらに、皆で毎晩食べて飲んで大騒ぎ。山本太郎や一色紗英が気さくだったので、平気で一緒に街中にくりだして、時には市民の方に囲まれたり。一度など、雑炊で有名な某お店に行ったときに、紗英が若者達に囲まれてしまって、太郎が彼らを引き付けている間に彼女を脱出させたりしたこともありました。(おーい、マネージャーは??)

ですが、いざ公演になると、現地の皆さんの真剣さ(特に一緒に舞台に上がったコーラス隊のみなさん)に心が熱くなりました。僕は東京で生まれ・育ったので郷土愛というものがありません。せいぜい海外から帰ったとき「あ、東京はやっぱり安心するな」と思う程度です。みなさん長崎を愛しているんだなぁ。それっくらい長崎はよかところですばい。

続いて行った東京、大阪公演も盛り上がり(特に大阪は大フィーバー!)、やっている方としても、大変楽しく務められました。いまだにカンパニーでたまに一緒に飲んだりする機会があるのですが、みんなそれぞれに成長して、会うとあのときの話に花が咲きます(は・ながさき・ます)。

お後がよろしいようで。

♪こーき

by kokimix | 2005-07-05 10:49 | ミュージカル

トゥワングと目玉のオヤジの関係

昨日、先日ファンの方から頂いた昔のDVDを見ていて思い出しました。

「出島」(長崎ブリックホール・天王洲アイルアートスフィアなどで上演)の中で、楊淑美さんというヴォイストレーナーが主演の木の実ナナさんに指導をしているシーンでのことです。彼女は盛んに「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくる<目玉のオヤジ>の真似をナナさんにさせるのです。これが「トゥワング」と呼ばれる発声法です。
d0053041_21432298.jpg

これは、一般のひとが間違った方法ですると、喉に負担をかけてしまうかもしれませんが、実は高音域を喉を締めずに、より少ないエネルギーで出すことの出来る発声法なのです。男声だったら(喉の状態さえよければ)上のラは楽に出るようになります。女声だったらチェンジ(裏声にひっくり返る所)のあたり、つまりラ・シ・ドあたりの声が出しやすくなります。特に女声の悩みとして、ひっくり返すと音量と音質がとても変わってしまうことがしばしばありますが、この発声法を身につけるとスムーズに聞こえます。

目玉のオヤジの「オイ、鬼太郎!」でもいいし、鳳啓介の「ポテチン」も近いと思います。勿論これだけでは使い物にならない(他にもおぼえなきゃいけないテクニックがあります)のですが、一聴なんのことはない音を出すことが、実は凄い発見だったりすることもあるんです。もし、試してみるときは、くれぐれも喉をきつく締めないようにご注意を。かれちゃいますから、声が。

♪こーき

by kokimix | 2005-07-04 21:47 | 音楽

THE DEAD ZONE

我が家に突然J-COMというケーブルテレビが<無料>でやってきて、今衛星/CSが見放題(ハイビジョンとWOWOWは別料金)で、なるべくいい映画を観ようと企んでいるのです。(大家さん、建物一括契約ありがとう!!)

今夜はTHE DEAD ZONE

これはホラーじゃないんですねぇ、題名は怖そうだけど。(実はホラー映画好き)これは、なんと言うか…サイコサスペンス?かな?カテゴリーにはめようとすると失敗しそうなので、やめときまひょ。(大体DEADって言葉から普通<死>を連想するでしょ?これは全体で「死角」と言う意味だそうな)

クリストファー・ウォーケン主演、デヴィッド・クローネンバーグ監督の1983年の作品で、後はマーティン・シーンが「未来で大統領になって核ミサイルのスイッチを入れてしまう、選挙運動中の議員候補」という役で出ています。(いつもはおチャラけてるのにね)

とにかくクリストファー・ウォーケンが上手くて(悲しいシーンで見せる微笑)、「超能力者の哀しみ」という、現代ホラーの定石的なトピックを持ち出しているのに、あまりゴテゴテしていなくて、すっきり味の一本でした。

スティーブン・キングが原作を書いていて、他の彼が原作の映画「キャリー」「シャイニング」最近だと「ドリームキャッチャー」(極グロ映画。お好きな人はぜひどうぞ)なんかよりは、随分地味な映画ですが、監督の美意識がうかがえて、画面が70年代っぽくて実に綺麗です。

「超能力者の哀しみ」と言えば、僕がすぐに思いつくのは竹宮恵子の漫画「地球へ…」です。映画版アニメはめちゃくちゃだったけど、(声の出演が…ねぇ。志垣太郎や沖雅也はともかく、薬師丸○ろ子とか秋吉○美子とか出しちゃうんだもんな~。あれは反則)漫画はなかなか喰いつきました。懐かしいな。
d0053041_22593765.jpg


♪こーき

by kokimix | 2005-07-03 23:04 | 映画

あぁ、なんてことだ!!ルーサー逝く!

昨日「ザ・ウィズ」を取り上げたのは、虫の知らせだったのでしょうか?

作品中のA brand new dayEverybody's rejoice(魔女の呪いが解けて奴隷達が解放されるシーンの歌)は、昨日54歳の若さでなくなったルーサー・ヴァンドロスのペンによるものなのです。
d0053041_1146539.jpg

この歌は、解放された喜びに満ち溢れていて大好きなナンバーでした。映画では、けっこうセクシーなコンセプトで、皆奴隷の衣装を脱いで半裸状態になり、踊るというシーンになりました。幼い頃見た僕は、前に見たアルビン・エイリー舞踏団のようだと思いました。なんと、ダイアナの側転も見られる…

ルーサーは、他にもバーブラ・ストライザンドやデビッド・ボウイ、ベット・ミドラー、アレサ・フランクリンなどのアレンジ・作曲・共演などしたあと、メジャーデビュー。それ以後、彼自身がミュージカルに携わることはなくなりましたが、僕はいつもお手本にして来ました。

特に彼のフレージング。コブシじゃないですよ、フレージング。フェイクとも言うけど。それと高らかでスムースなテノールヴォイス。突き抜けるようで、反面包み込むような。
d0053041_11482980.jpg

彼は長いこと、高血圧・糖尿病で悩んできました。2003年に脳卒中で倒れ、以後懸命のリハビリが続いていましたが、完治には到らなかったそうです。(ところで長嶋さん、だいじょうぶ?)ルーサーは食べることが大好きで、プロモビデオの撮影のときに、そばにセットととして食べ物がおいてあると、ドンドン食べちゃってスタッフが困った、という話を何かで読みました。

僕もライブで「十時過ぎたら食べるな」とかふざけて言ってますが、カレン・カーペンターの例もあるように、「過ぎたるは及ばざるが如し」で、何事もやりすぎてはダメなのですね。

でも、彼の場合は黒人だったから、と言うのもあるようです。聞く話だと、黒人やラテン系の人々はアジア人より生活習慣病になる確立が高いと言われています。だからと言って、アジア人である日本人がなりにくいとは言い切れません。病気をした者/僕が言うのです、気を付けましょう。
d0053041_115137100.jpg

♪こーき

by kokimix | 2005-07-03 11:51 | ミュージカル

The WIZ

d0053041_12165981.jpg

早い話が、ブラック版「オズの魔法使い」なのだが、白人版に負けず劣らずのすばらしい音楽で、中学生だった僕は完全にKOされました。

すばらしい歌の数々、Home, Ease on down the road, Don't nobody bring me no bad news, Be a lion, Believe in yourselfなど、人生で困ったことがあったときに、必ず励ましてくれる名曲がここにはあります。

舞台も映画も両方見ましたが、舞台の方はアイディアの宝庫で、例えば女性が頭にターバンを巻いて現れ、そのターバンを解いていくことで竜巻を表すとか、マンチキン(最初に出て来る小人たち)をキャスターつきの椅子に載った役者が「ウィー」と言いながら登場したりとか…圧巻は、最後の南の良い魔女:グリンダが登場するとき、上からスイカの形をした玉座に乗って登場するシーン。色っぽくてカッコよかった。

映画もなかなかの出来で、出演陣がダイアナ・ロス(ドロシー)マイケル・ジャクソン(カカシ)、リチャード・プライアー(オズの大王)リナ・ホーン(グリンダ)など。
d0053041_1216151.jpg

中でもリナ・ホーンの名唱は忘れ難い(出番は最後のほんのちょっと)。彼女はこの曲を大層気に入り、自分のワンマンショーLady and her musicでも取り上げ、ラストナンバーとしています。最近見たThat's entertainmentでの美しい姿を思い出します。ちなみに、監督のシドニー・ルメットは彼女の義理の息子に当たるそうです。

映画の残念な所は、ダイアナがドロシーとしては<大人すぎた>こと。舞台でステファニー・ミルズ(オリジナルのドロシー)を見て、やはりドロシーは子供じゃないとね、と思いました。
でも映画版のアレンジ・オーケストレーション/音楽監督のクインシー・ジョーンズが抜群の手腕を発揮、アレンジはすばらしいです。

♪こーき

by kokimix | 2005-07-02 12:25 | ミュージカル

<なまり>と<方言>

昨日夜やっていたテレビ番組で、僕の好きなマシュー南/藤井隆が「お国言葉なまり禁止」ゲームをやっていた。
d0053041_2284675.jpg

英語禁止ゲームに近いノリ(とにかく爆笑!)なのだが、もっとそれぞれのお国言葉と言うのはつい出ちゃうような自然なものですよね。(僕は東京育ちだから、いまひとつ実感がない)いつも使っている言葉なのに、よく考えて見たら方言だった、なんてもこともあるくらいだし。そこで、音楽劇「出島」に出演した時に特訓した長崎弁を思い出した。

長崎弁ひとつをとっても、長崎市内・島原・佐世保などそれぞれ微妙に違うもので、なかなか難しい。うちの母が長崎育ちなので、個人的に長崎弁には馴染みが深く、そんなにドギマギすることもなかったと思うが、うちの母が愛野町(諫早市の近く)なので、どうしても僕の耳は島原弁で慣れている。一緒に出演していたY.A.さんが長崎出身で方言指導も兼ねていたのでたずねてみると、少しばかりやはり違うようだ。(彼女の指導していたのは市内弁)

方言は他の言語ではないが(言語としてのシステムが同じなので)、ものすごく違って聞こえる場合があるので(関西弁と関東弁は恐ろしく違うし)、外国人などに説明するときにとても困る。

以前、うちの同居人:ジョン(アメリカ人)に、ツッコミを覚えてもらうために「お前はアホか!」を練習させたが、バカとアホがどう違うのかとか、いつもとんちんかんな方に話が行ってしまう。これは「お前はバカか!」と言うとケンカになっちゃうもんね。

英語に方言はあるのかというと…あります。少なくともイギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語の少なくとも3種類があるから。それぞれに、地方色豊かな方言<dialect>があって、ジョンの英語はどちらかと言うと南部なまり。早口でまくし立てる東部弁、やたらと母音がはっきりしている西部弁、イギリスにもスコットランドなまりとかコックニーなまりとかいろいろあるようです。

昔仲良くしていたアメリカ人に、関西弁の達人がいて、まるでダニエル・カールの関西版といった感じ。多分まだ大阪は福島駅の近くで、社交ダンスの先生をしているんじゃないかと思うんだけど。ジョエル、元気かーっ?!

♪こーき

by kokimix | 2005-07-01 22:10 | 外国語