飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

カテゴリ:音楽( 124 )


Jennifer Holliday

筆者が愛してやまない極上のディーヴァ。ミュージカルDreamgirls(ダイアナ・ロス&シュープリームスのエピソードをモデルにした、バックステージ物のミュージカル。トニー賞受賞)の端役でオーディションに合格。ところが、あまりの歌唱力に役がどんどんふくらみ、やがてとうとう主役になってしまう。見事大曲And I am tellin' you I'm not goingとI am changingを歌いきり、そのダイナミックな歌唱と特異なキャラクター(当時はすっごいデブ!)で、話題をさらった。先述の2曲はサントラ盤よりシングルカットもされ、And I am tellin' you...はR&BチャートNo.1, Hot 100 22位まで上り詰めた。筆者はある式典でどうミュージカルの演出家であった故マイケル・ベネット(1987年7月2日エイズで死去)に捧げるとして歌った同曲は、あまりに感動的で、筆舌につくし難い。

その後、EW&Fのモーリス・ホワイトの全面プロデュースでアルバムFeel my soulを発表。シングルI am loveがヒット。(個人的にはファンキーな冒頭のJust let me waitが好み)

その次のアルバムSay you love me(これがなかなかCDで手に入らない。筆者はアナログ版のみ所持)が、筆者のお気に入り。タイトル曲も良いし、シングルになったマイケル・ジャクソン作曲のYou're the oneも地味ながらいい(あまり売れなかった)。D・エリントンのCome Sundayも聴かせる…が、なんと言ってもハイライトはNo frills loveだ!!筆者がDJ時代によくこの曲をかけてフロアを沸かせたものだ…懐しっ!リミックスも複数出ているが、オリジナルのエクステンデッドバージョンが一番出来が良い。DJ必携。天下のアーサー・ベイカー(シカゴハウスのパイオニア)プロデュース。

その後当時飛ぶ鳥を落とす勢いのナーラダ・マイケル・ウォルデン一派のプレストン・グラスや大御所ジャム&ルイス、トミー・リピューマ(彼とのコラボ、Read it in my eyesは最高!)、バリー・J.イーストモンド(アニタ・ベイカー、ジェームズ・イングラムなど)などをプロデュースに迎え、次々と作品を発表。現在はTVシリーズ「アリー・マイラブ」にゲスト出演したり、多数のブロードウェイミュージカル(「シカゴ」「グリース」「ザ・ライフ」など)に出演し、なお意気盛んだ。

それにしても、彼女は膨らんだり縮んだりが激しい。やはり彼女の巨体のインパクトが強いのを気にしているのだろうか…ベスト版の写真などを見ると、すっかりやせていて、「病気なの?」と疑いたくなるほどだ。(ルーサー・ヴァンドロスなどダイエットに一所懸命な黒人アーチストは多い)あまりやせすぎると、声のパワーがなくなるのではと、不安にもなる。

♪こーき
d0053041_10144087.jpg


by kokimix | 2005-05-21 10:10 | 音楽

Donna Summer

Deniece Williams

d0053041_11583531.jpg
Wandererの不成功(失敗とはあえて言わない)から、満を持して作られた大イベント的作品。

って、最初「え~ちょっとやりすぎ」と思ったのは事実。プロデュースにクインシー・ジョーンズを向かえ(この時点で???だったが)、参加ミュージシャンの豪華なこと!一般に「豪華なミュージシャンが参加した」とは言っても、結局あまり知られていないが、実力のある人たちという場合が多いのに対し、この作品は本当に有名人を使い倒した。

一曲目のLove Is In Control(Finger On THe Trigger)~恋の魔法使いは、今聞くとよくできてるんだなぁ、これが。計算されてる。初めて聴いた時「パっとしない印象」だっとのに。その後、シーナ・イーストンがカバーしているのを聴いてなおそう思った。(シーナのバージョンは悪くないが、歌唱が幼稚な印象)

2曲目、Mystery Of Loveでは、明記されてはいないが、当時売り出し中のジェームズ・イングラムとほぼデュエット状態。ムードがあっていい。

4曲目のState Of Independence、この曲に大量の予算と手間をかけている。作曲は映画「炎のランナー」のテーマ曲でアカデミー賞受賞したヴァンゲリス、バックコーラスにもう書きたくないぐらいの有名人を配し、大プロジェクトとなった。一応シングルカットもされ、後に沢山のヨーロッパのリミキサーよってリミックスが発表されたが、いずれも世界的な大ヒットには結びついていない。簡単に言うと、We are the worldの二番煎じのようになってしまった。この曲はもっとアーティスティックなのだけど。

筆者が好きなのは6曲目Protection。なんと思いもつかないブルース・スプリングスティーンとのコラボレーション。たしかにドナはロックシンガーとして評価されているが、この曲はしっかりロックしているし、グルーブもある。曲最後でブルースの野太いバックコーラスも聞こえる。この曲で青春燃やしたぜ!Yeah!

アルバム最後のLush Life(いままでドナがやってこなかったスタンダード・ジャズ)も聴けるなど、嫌というほど盛りだくさんで、少しまとまりには欠けるが、大エンターテイメントであることは間違いない。

もともと筆者にとってのドナ・サマーはミュンヘンサウンド(彼女はアメリカ人、ジョルジオ・モロダーはイタリア人なのに??)の旗手で、米国へ逆輸入されたアウトロー的/アバンギャルドな存在だという認識が会ったので、本作のようにもろコマーシャル狙いの作風だと、古いファンなどはひいたかもしれない。その前に発表したベスト版On the radioとかLive & Moreなどセールスを意識したものはあるが、もともと彼女はサブカルチャー(ゲイ)の支持を得て、のし上がってきている。

アンチゲイ的な彼女の発言が、見事にその後のゲイ離れを誘発し、パッタリとレコードセールスが止まる時期が来る。(その後彼女は「情熱物語」をヒットさせるが)これにはアメリカそのものの「時代」も勿論あるが、超保守の風が吹き荒れる現在の状況では、ディスコ復活はアメリカでは難しい。

一方この動きに注目しているのがヨーロッパのマーケットだ。ドナのAnother place and timeのプロデュースチームPWL(バナナラマ、リック・アストリー、シニータ、カイリーミノーグなど)ももともとイギリス発信だし、ダイアナ・ロスのChain reactionがイギリスでNo.1を獲得したことを思うと、新しいメロディアスR&Bはヨーロッパから発信される可能性が高いと見ている。

♪こーき

by kokimix | 2005-05-20 11:57 | 音楽

Deniece Williams

元々EW&Fのバックボーカルをしていた人で、モーリス・ホワイトのプロデュースのシングル"Free"でデビューした。(C.ムーアもカバー、これ本当にいい!)
その後、J.マティスと組んだNo.1ヒット"Too much, too little, too late"がヒットし、1965年のロイヤレッツの"It's gonna take a miracle"をカバーし、大ヒット。(これもマンハッタントランスファー&ベット・ミドラー、ローラ・ニーロなどによってカバーされている。筆者はこの曲のヒットで彼女を認識する)これが、後に続く映画「フットルース」のサントラ版に収められた"Let's hear it for the boy"の世界的大ヒットへと繋がるのだ。

持ち味はミニー・リパートンにも通じる澄んだ高音で、俗に「バードヴォイス」との異名を持つ。筆者おすすめは"I've got the next dance""I found love""When love comes calling""Black butterfly""What two can do""Do what you feel"など。それぞれポップス・R&B・フュージョンのいいところをとった出来で楽しい。なにしろ、本当にさわやかな声でこれからの季節にはピッタリ。(決して大きくパワフルではないのだが)R&B界のコロラテューラと言っても過言ではあるまい。ポップスとは別に独自のゴスペルのアルバムも発表している。

by kokimix | 2005-05-19 11:17 | 音楽

いよいよこちらにCDレビューを移動させました!

本格的にこちらで、CD&アーチストレビューについて、書いていくことになりました。
皆様どうぞよろしく。

♪こーき

by kokimix | 2005-05-19 11:09 | 音楽