飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

カテゴリ:本( 9 )


聞く力 / 阿川佐和子

僕は基本的に、アガワさんと言う人が好きなんだと思う。

うちの母方の叔母にちょっと似てる檀ふみさんとよくテレビに出てた時から「面白そうなひとだなあ」と思っていたのだが^^;

インタビューなのに、ほとんどトゲがない

かと言って、聞きたいと思うことに関しては、さりげなくしかしズバッと切り込む

人徳なのかな?

そう思いながら、時々爆笑して読了した

「聞く力」著: 阿川佐和子
d0053041_21545036.png

人の話を聞く時に「知らない仮面」は、時々もの凄く強い

この仮面の名手に、大御所:黒柳徹子がいる

あたし、よくこのことについて知らないんですけど、教えて下さる?みたいなの連発してもへっちゃら

…みたいな、ね

僕の友達@ヨガインストラクターにも、この手の喋りの達人がいる

一見自分の勝手気ままなおしゃべりに聞こえそうなところをかいくぐって

上手く相手の話しを聞き出すという技術

こういうのって、多分生まれ持ったか、育った環境が大きいのかなあ

僕は一人っ子だから、話相手は基本、自分自身か大人ということになりがちだ

そうすると、どこかで「自己完結」をしてしまう

ま、これでいいか…と

でも、実際の社会では、そううまくは行かないよね

相手あっての会話

むずかしー ~┐(´-`)┌ 

プラス、僕は話に食いつくあまり、時々不確実な情報差し込んで、知ったかぶりをしてしまう

これは、かなり悪い癖

例えその時に、僕の情報が真実でも、時間が経つと変わってたりするし

自分でもわかってるんだけど…

は!これって…

虚言癖なの?((((;゚Д゚)))))))ドウシヨ、ビョウインオクリカ…

by kokimix | 2012-07-24 21:37 |

すみませんの国 /榎本博明

このタイトルにまず注目したい

「すみません」であって、決して「すいません」ではない

僕も自分で言ってしまいがちなのだが、無論正しくは前者

おかしいのが、まだ「すんません」の方が語源に近いという事実^^;(mが脱落したため)

それはさておき、

本著の論点は、結局すみませんを連発する日本人のメンタリティーは

いったいどこから来るかだったはずなのだが

次第に、それとと共に、日本以外の国々の人々は、

我々と違う哲学/価値観に従って生きているのではという仮説

本そのものは、なかなか興味深い考察が並んでいると感じた@書店で衝動買いだったにも拘らず

この仮説には、なるほどそうかもしれんと頷ける(うなづけるって書けないんだね…変なの)

日本以外の国の人々の意識の基礎は「個人」

しかし、日本人はより「人間=”ひと”と”ひと”の間、関係性」を重要視する

ひどい時は、人=人間(関係)という表現にもなってしまう

一人の個人には、沢山の側面があるのに、だ

で、相手や自分以外の個人がなるべく傷つかないように配慮しながらものを言い、行動する

こう書くと、まるで外国人たちが人類ではないかのように聞こえてしまうが^^;

しかし、現実に、この意識がKYという言葉を生み出し(「空気を読む」というのは英語にしにくい)

問わず語りの国民性を育てたのはほぼ間違いない

だから、ズカズカと土足で踏み込んでくる外国人に向かって、

「怒らせない様に」

丁寧な言葉遣いで、ご遠慮頂こうとしている

でも、ほとんどの場合、そういう手段は通用しないし、理解されない(*゚‐゚)ムリダヨネ

しかもタチの悪いことに、日本人の美学の中に「諦め」とか「滅び」に対して肯定的な感情もある

いま、自分さえ我慢すれば、この状況は頭上を過ぎ去る…

と、思ってしまうのである

と考えると、些か刹那的にすら見える

しかし、これが国際的に重要な決断だったりすると、後でひどい目にあったりする

いまの国会を見ても、お互いが腹の探り合いで、本音が言えない状況だ

果てなく続く、ムラ社会の連鎖だ

でも、このムラ社会にもプラスはある

例えば、去年の地震の時の結束力だ

隣の国やら、太平洋の向こうの大国だったら、絶対略奪の嵐が巻き起こるに違いない

これは、勿論道徳感の違いもあるのだが、それにも増して

その行為に及んだ時、他者からどう判断されるかという視点は外すことができない

さて、この考察を得て、自分に何ができるかと自問しても、なかなか良い考えは浮かばないが

せいぜい「すいません」をつい言ってしまうのはよそうと思う

ちなみに、Web辞書によると…

【すみません】[連語]《動詞「す(済)む」の連用形+丁寧の助動詞「ます」の未然形+打消しの助動詞「ん」》「すまない」の丁寧語。相手に謝罪・感謝・依頼などをするときに用いる。「連絡が遅れて―」「お見舞いをいただいて―でした」「―が本を貸してください」

公的な場では「申し訳ありません」を使いましょー!(^^)

by kokimix | 2012-07-09 13:55 |

舟を編む / 三浦しをん

舟を編む / 三浦しをん

まだこの作家は、なんと35歳!そこに、とりあえず、びっくり!

全体的に、やや少女マンガチックな展開と語り口ではあるが、

すぐにでもマンガの原作になるくらい(実際、カバー中の表裏表紙には、誰だかのマンガが描かれている)

時々ヒョッとあどけなさが見えるのが、ところどころに散りばめられた「難しい/古い言い回し」

列挙はしないが、それらの言葉の登場の仕方が、やたら唐突なのだ

また、作者がきっと執筆中あるいは取材中に感動したであろう事象に

強いこだわりがあると感じる点

自分が書く時もやはりそのように他人には見えるのだろうと思うが

改めて客観的に見せられると、少し置いていかれた気分にもなる

その描写が、具体的であればあるほど…

結末がちょっと「もしドラ」と重なって見えるのは損だが、そこには目を瞑るとして

よく、辞書創りの現場を取材し、まとめてあると思う

これを機会に、辞書を手に取る女性が増えるのだろう^^;

ハッキリ言うと、この作品は、あまり男性読者には向いていないかもしれない

総じて、深みを追求するタイプの作品ではなく、あくまで娯楽作だからだが

そのうち、映画になるのもしれないね…

馬締を演じるのには、7、8年前ならトヨエツとかがいいと思うが、今なら松ケンか江口洋介(ちょっと歳くいすぎか…)

香具矢は、昔なら僕が好きな江角が適任だが、今なら柴咲コウか菅野美穂あたり

難しいのは爺さんたちかも知れないが、ま、誰かいるだろう

松尾先生に、大滝秀治なんてどうだ?

辞書を題材にとっているが、中身は青春ものと言ってもいい感じ

ただ、主人公の成長スピードが、あまりにドラスティックなので

そこに味をつけると、奥行きが出るのかもしれない

連載だったらしいから、枚数の限度とかもあって

あまり深いものは、書けなかったのかもしれないな

いや、可愛い作品ですよ~

by kokimix | 2012-03-08 18:18 |

「上から目線の構造」

前回、衝動買いで買ったと書いたので

読後感を、一応書く…

そもそも「目線」という言葉はないと言うが…

本来の言葉は「視線」であるべきなのだが(もともと演劇/映画用語)

これも、ちょっとしたこの本の根幹に触れる事だろうと思う

というのも、本書の論理には「コミュニケーションの欠如」が色濃く描かれているからだ

概ね、著者の持論には賛成できる

すべて、確かにおっしゃる通りですう

しかし、これは「バカの壁」などでも語れてきた共通のテーマで、

主に年長者と若年層との論理/理論のズレが大きなポイントのになっているのだが

若い人(現在30以下の人たち)に、昔のような体験をしろと今更言えないので

そもそも、そんなことは、何十年も前から言われてきた事なんだろうし…

って、

このそもそも「そもそも論」が良くないんだなあ、と

個人的に反省…

この物言いが、会話のリズムを狂わせ、論点をズラし、しかも退屈にさせているのだろうから^^;)

でも、僕はこの「そもそも論」をかなり多用してしまうから、ダメなんだなあ(´`)

やはり、余計な口出しをしたり、いらぬ一言を付け加えたり

さらに自分で良くない事だと最近特に思うのは

他人の発言に対して「理解を先取りする事」

これって、実は

「分かってあげる=文字通りの上から目線」という、とても失礼な/横柄な態度である

わかっちゃいるんだけどね…つい^^;)

恐らくこれは、こちらが分かっているかどうかは、実は関係ない

どういう風に相手/受け手に見えるか、の問題だし…

どうしても仕事柄、送り手の立場のことを中心に考えてしまうのだが

受け手の反応を気にし過ぎると言うこのスパイラルにはまると、これがまた抜けられなくなるし

さじ加減が難しい所(´`)

しかし、自分らしさって言うのもあるしなあ

ムリして私生活で今更演じても、長続きするとも思えないし^^;)

もうこの歳じゃね(^▽^)ワハハ

身の丈にあった生き方にしよーっと!ヽ(´ー`)ノ

あれ?

本の感想はどこへ…??

by kokimix | 2011-10-30 22:21 |

プリンセストヨトミ/万城目学

これも、最近電車の中で読んだ

「わたしを離さないで」と同時に買った^^;)

こちらは、打って変わっての大娯楽作!

途中から、ちょっと語り口がくどい様な気がする割には

これまた割とあっさりと決着が着くのが、ちょっともったいないような気もするけど

そこに行くまでに、さんざぱらやらかしてくれるので(^-^)d

しかも、中世の日本の歴史を織り交ぜながら(ファンタジー含め)

イカニモ現代の問題とかも持ち出して、

最後は、普遍的なテーマで締めるあたりは

映画化をはなから狙ってた感があるなあ(´`)

いや、でも夢かなってよかったじゃないっ!

ちょっとこれの舞台化はムリかな^^;)

個人的には、大輔ガンバレとか色々思っちゃったけど

映画化にあたってのキャスティング^^;)

男性と女性をひっくりかえしたのねん@会計検査院調査官

ま、はるかがボケというのは、合ってるかも

逆に、岡田将生がゲーンズブールになっちゃうと、ラストがちょとツライ…かな

女性が言うから引き立つ台詞運びなんだよね…

まあ、それは読めば、納得してもらえるでしょう


…色々大人の事情だったのか…な?

by kokimix | 2011-06-08 23:53 |

Never let me go / Kazuo Ishiguro

この人の本は、恥ずかしながら初めて読んだ@日本語でね

日本語のタイトル「わたしを離さないで」

イギリス/世界的には有名な方だそうで^^;)

「日の名残り」というタイトルだけ知らなかった

(映画になって、初めて知ったんだけど、いずれにしても)

以前に映画館での予告編で見た同名映画にちょっと興味魅かれて…

読後感としては…正直、イギリスの話だなあと言う感じ

ドラマでも映画でもそうなんだけど

イギリス製の作品て、アメリカのそれに比べて、ちょっとじらせ好き^^;)

ぶっちゃけ、タルいっちゃタルい

でも、取り上げた題材は、なんとなくリアルな近未来で

カテゴリー的にはSFと言えなくもない…医学SF?

映画にすると、すぐばれちゃう様なことが、本だとうまくじらせるので

その分、映画より先に読んでよかったかな

ってわけで、多分映画は観ないだろう(少なくとも、映画館では…)

ネタバレになっちゃうんで、あまり書きたくないけど

秘密秘密って連呼している割には、割とアッサリ読者に分かっちゃうあたりがイギリス製なのかな

別に無理やり騙してくれなくてもいいんだけど

僕は、違う結末を予想していたので(もっとグログロしい感じで^^;)

ちょっと薄味に感じた

でも、それもやっぱり

多分、イギリス風味なんだろうねえ

それより、たっぷり行間を読んでくれよという作者の意気込みは伝わるけど…

by kokimix | 2011-06-07 22:49 |

死の教訓/ジェフリー・ディーヴァー

という小説を読み終わった

書いたのは「ボーン・コレクター」を書いたジェフリー・ディーヴァーというアメリカ人作家で

これは、デンゼルワシントンとアンジェリーナジョリーで映画化もされた(一応前にそれも観た)

この「死の教訓」は、それに負けず劣らずの

映画化を意識した(んじゃないかと思われる)書き方になってる

例えば、しばらくの間、主語が誰だか分からないように書くとか

具体的には、映像になったら、その人物の目線でアングルが動くような…

あるいは、主語を別の名前で動かしておいて

その名前が、実はもう既に登場している他の人物だったり…とか

僕にとって、ちょっと煩わしかったのは

似たような名前の登場人物が多過ぎること

パーカーとクーパーとか、フィリップ・ハルバーンとチャーリー・マホーニーとか

ビル(主人公)とサムとトムが入り乱れちゃったりとか

まあ、でも風呂の中で途切れ途切れに読んでるからかも知れないけど(´`)

最後に「はあ?」というシーンが出てくるのだが

納得できなくもない…けど、ちょっと要らないエピソードかなあ

登場人物が多い作品としては、前回読んだ「死せるもののすべてに」の方が

ちょっとおどろおどろしくて、個人的には面白かった…かな

でも

これらの本は、自分で買ったものじゃない

実は、

実家の母親から送られてくるもので

彼女は、こうした類いの本が若い時から好きなのだ…

by kokimix | 2010-07-25 22:29 |

ハウツー本熱

時々、訪れる局所的な本熱

だけど、

今日買った2冊の本は、必要に迫られて買ったもので

読みてえ〜っって買ったものでは、ない

2冊の本は

「プレゼン手引き本」なのだ

僕は、この20年間、人の前に立って仕事をしてきた…つもり

だから、最近あまり人前で緊張しなくなって、逆に困るくらい

話すのは、得意…というか、好きだと思う

でも、時々何が自分でも言いたかったのか見失うことや

話そのものを本当に落としたいところに落とせなかったりして^^;)

今日買った本で、そういうトラブルが全部解決できるとは思わないけど

(僕は、原稿を用意しても、あまりその通りに喋らないことが多いし^^;)

だからと言って、全く原稿がないと、とお〜い彼方へ話が飛んで行く可能性もあるからだけど)

でも、やっぱり

何を話すか、

何を言わなきゃいけないのか、

何を分かってもらわなきゃいけないのかを

ちゃんと自分でまず分析することが必要だと言うことは確認できた

でも、ちょっとまだデータ(クライアントの)が足りないな〜

で、

プレゼンなんて

44年生きてきて

はじめてですからあっ!!!!@not 会社員(;´Д`)

by kokimix | 2010-07-02 23:38 |

忘れないうちに

読了@死せるもののすべてに

僕より年下の1968年生まれのアイルランド人が書いた猟奇ミステリー

講談社文庫がいかにも好きそうな、ちょっとアメリカ映画のような雰囲気の話で

舞台もアメリカ東海岸(NYとかニュージャージーあたり)と

後半は南部のミシシッピー

自分の妻子を無残に殺され

その心の傷が癒えぬ間に、殺人の捜査をする羽目になる

元警察捜査官、現私立探偵の話だが

意外と、ハードボイルドで

音楽と詩が奇妙に絡み合う不思議な作品だった

でも、詳細まで「この殺しがどれくらい凄惨だったか」を事細かに記述するやり方は

一風、どこかホラー小説のようでもあり

もしかしたら、映画化されているかも知れない

日本版の本は、上下刊なので、後半の下巻を読んで行くうちに

段々犯人はおぼろげながら分かっては来るのだが

これだけ長い小説だと、みんな同じように聞こえる登場人物の羅列だと

巻頭の「登場人物表」を絶えず見てないと、訳が分かんなくなるのと

ちょっとひとつひとつのディテールに富んだ表現が、少々テンポを悪くさせているのにも拘わらず

ココ大事でしょ。と思うところで、急に説明^^;)が簡単になる辺りが…どうなんだろう

これって、イギリス映画とかで良く出くわすジレンマと言うか(´`)

ま、いいんだけど

by kokimix | 2010-06-23 00:03 |