飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

「僕のシンデレラ」 

これについても、色々思い出があります。

主演は中村繁之クン、ヒロインに茅野佐知恵(元きれいなおねえさん)、石富由美子(元音楽座:「ザ・キッチン」で後に再共演)、まだ4人だったデビュー前のTOKIO(長瀬、山口両氏未加入)などでした。

とにかく僕は踊れなくて、ずいぶん色々な振り付けの先生方を困らせてきました。これについては、とても悔しい思い出があるのですが、この作品の振り付けは日本ジャズダンス界の大御所:名倉加代子大先生だったので、粗相があってはならじと、先生のスタジオまで予習をしに行きました。ところが、元来バレエの基礎が無い上に、身体も石のように硬い僕が付いていけるはずも無く、あえなく撃沈。「そこの男性の方は一番後ろから付いてきてください」と、ずーっと言われる羽目になりました。

そして、いよいよ振り付けが始まったのですが、忘れもしないあれは主人公シゲルが見る夢の中のドリームバレエのシーンで、僕達アンサンブルは彼を悩ませる「夢の精」に扮して踊るというときのことでした。僕ともう一人(「ホフマン物語」から一緒だったM.T.氏)があまりに踊れず、「君達だけ振りを変えるから」と先生に言われ、直前になってすっごい簡単な動きに差し替えられたのです。これには落ち込みました~結果的に、心の平穏が保たれて、先生のご配慮には感謝しているのですが、今考えるとそんなにむずかしい振りでもなかったような気もする…

それと、舞台公演の時には必ず成功と安全を祈念する「お祓い」をする習慣があります。「シンデレラ」では、危険なせりを沢山使ったり、ピーターパンのフライングで有名なピーター・フォイさんが、この公演のために新しい装置を作ったということもあって、製作側もお払いには熱心だったと思います。

特に「シンデレラ」は若いカンパニーだったので、祝詞の最中に笑ってしまうことが心配されたのですが、僕は自分で「ホフマン」のときに免疫が出来ていると思っていました。なにしろ、あの祝詞の独特の口調で「し~あ~た~こく~ん~ほ~ふ~ま~ん~」とやられて、僕より年上の方達も笑いをこらえていた位でしたので。今回は大丈夫、劇場も漢字(青山劇場)だし、<シンデレラ>は想定の範囲内なのできっとスンナリ終わるだろうと高をくくっていました。

が、このミュージカルには「ハロー○ック」というオモチャの会社がスポンサーについていたのを皆すっかり忘れていました。そして始まった祝詞に、みんな降参。「は~ろ~○~っくぅ~みゅ~じ~かるぅ~」あ”~だれかがちょっと吹きました!もうだめです。こういうことはそれほどおかしくなくても伝染します。みんなの方がガタガタ揺れています…。

これには後日談があって、舞台が開いて1週間ぐらいした頃だったでしょうか、早速事故が起きました。ヒロインがフライング中(その時はクライマックスで、吊られながら舞台上を振り回されるという今までにない形)に、舞台の袖にあったポータル(塀)に激突してしまったのです。早速お払いのやり直しがありました。さすがに今度は皆神妙に受けました。

♪こーき

by kokimix | 2005-06-15 11:12 | ミュージカル
<< つい最近 単鞭~雲手 >>