飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

Do you believe in love / Huey Lewis & the News

d0053041_18133080.jpg

せっかくヒューイ・ルイスが出たので、彼の話を一席。

彼と彼のバンド/ザ・ニュースのコンサートに、今は無き後楽園球場まで足を運んだことが思い出される。そのときの彼らは人気絶頂で、たとえスタジアムだろうと満員にするくらいの力はあった。

彼らのアルバムSprots, Fore!なども擦り切れるほど聴いた。もちろん、Power of love, Heart of the Rock adn roll, If this is it, I want a new drug, Hip to be square, Stuck wuith you, Jacob's ladderなどの大ヒット曲も大好きなのだが、中でもこの曲はちょっと個人的に特別なのである。筆者がロックを聴く様になった取っ掛かりの曲なのだ。

それまでにも、ビリー・ジョエルやシカゴなどは耳にしていたが、彼らのDo you believe in loveを聴いたときに「なんだこりゃ?」と思ったのだ。カントリーじゃないし、ブルースじゃないし、ロックなんだけど何か違う味がする…。特にこのキャッチーなサビ。歌詞の内容もどっちかと言うとカッコ悪いし。(筆者は「カッコいい人がやるカッコ悪いこと」に憧れる)ましてや、ポップス呼ばわりするのも抵抗があるし。
d0053041_18134136.jpg


ちょっとした自慢は、前述のI want a new drug, Hip to be squareの2曲のロングバージョン12"盤と言うのが家にあることだ。これといって面白くないのだが(ただ間奏等が長いだけ、太鼓の音質やアレンジがちょっぴり違う)それでも今となっては、なかなかお目にかかれない逸品だ。

コンサートで、不意にメンバー全員が楽器を置いた。何をするのかと思ったら、アカペラコーナーで、Bad is badとSo much in loveの2曲を歌い始めた。完璧!!楽器をする人は、基本的に「その楽器が出す音」を歌えないとダメとは言うけど、なかなか全員であんなに完璧にハモれるというのは大変なことで、さすがだなぁ~と思った。…ただ、残念だったのは、そのとき肝心のこのDo you believe in loveを演奏しなかったのだ(なぜッ!怒)

ライブ版がDVDでも出ているので、機会があったらどうぞ~とにかく爽やかなんだよね、文句無しに。気持ちいい!
d0053041_1815592.jpg


♪こーき

by kokimix | 2005-06-12 18:16 | 音楽
<< 方針変更です 新どっちの料理ショーの記事訂正 >>