飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

80年代ロックというカテゴリーの流れ

筆者は、あまり<ロック>に強いほうではないので、いつものように偉そうには言えないが、知っている限りのことで感じたことを書きたいと思う。

ついさっき、録画してあった「べストヒットUSA」(懐!大好きな番組だった)を見ていたら、トゥイステッド・シスターのWe're not gonna take itを流していた。今聴くと、結構好きだったかも。シンプルでいい。元気。
d0053041_97197.jpg

そういえばこの頃ヴァン・ヘイレン、ハート、ラバーボーイ、ジャーニー、クワイエット・ライオット,ヨーロッパ、ボン・ジョビなどポップ系ハードロックが大挙ヒットし始めた。ボン・ジョビなどは後発なのだが、ジャーニーなどは争って聴いたものだった。スティーブ・ペリーうまいもんねぇ。
そのうち個々に映画のサントラに組み込まれたりして、もっと世界的なビッグヒットが生まれるようになる。あの頃は映画音楽黄金期だったもんな。

「フットルース」「フラッシュダンス」「愛と青春の旅立ち」「エンドレス・ラブ」「ストリート・オブ・ファイヤー」「トップガン」「カクテル」等々、大抵は映画そのものはあんまりパッとしないことも多かったが、サントラはとても充実していた。そのサントラでしか聴けない曲もいっぱいあったし。

昔からあんなに世の中から毛嫌いされ続けてきた<ロック>で、金が儲かるということが解ると、すぐさま飛びついた商売人が沢山いたと言うことなのか…それは今でも変わらない。しかし、作り手の側はそれなりに心を込めて作ったのだ、ポップスに魂を売ったと言われようと。

結果、万人が楽しめる作品になったのだから、問題は何もない。音楽は聴いて判断してくれる人がいなかったら、ただの音になってしまう。送り手と受け手のインタラクティブな関係が不可欠だ。確かに、ピークを過ぎてから(例えば死後)改めて再評価されるケースもあるが、その場合は、時代よりアーチストが先を行き過ぎていた場合だ。

さて、現在のロックシーンを見渡すと…さほど、キャッチーでもなく、だからといってメロディーも聞こえてこないものが多い。サウンドの質はテクノロジーの発達で飛躍的に向上しているし、メッセージ色なども強くなっているのかもしれないが、愛される曲であるかどうかは、聞き手の価値観にかかっているのだな。ま、それはどんな時代も同じだけど。

別に今チャートで流行っている音楽に価値がないなんて、一言も言ってませんよ~

♪こーき

by kokimix | 2005-06-11 09:11 | 音楽
<< 新どっちの料理ショー Ashford & Simpson >>