飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

シカゴ:日本語版 =毒吐きまくり=

大好きなミュージカルのひとつ…いつかビリーなんかを演れる日が来たらいいなと思うくらいに。

今回の日本公演も一応見たが…
何度も来日カンパニーの良質の同作品の公演を見ていて比較するのも酷だけど…
それにしても、ひ・ど・い…

まず、出だし。
エラク待たされた(7分押し)、始まってすぐアンサンブル女性ダンサーのお上手な口上の後に、お馴染みのオーヴァーチュア。

出てきた痩せぎすのやたら脚と手ばかり長い、およそセクシーとは程遠い女が、黒いコスチュームで現れて、あまり上手でない中途半端なフォッシースタイルを繰り広げる。周りのダンサーたちは頑張っているが、全体的に幼いイメージのダンサーが多く、大人っぽさがウリのこの作品には弱い印象。
(中でもひどかったのは、セルブロックタンゴ…なんだったんだ、ありゃ)

それにしても、ヴェルマ役の元ジェンヌがひどい!
何年この仕事で飯を食ってきたんだろうか?茶々なんかやってる場合か?
確かにトップ在歴はそれほど長くはないかもしれないが、それにしても踊りも歌も素人並み。
何を言ってるか分からない歌に、ろれつの回らないセリフ。
バランスが取れていないダンス(ピンヒールが足に合わないらしい…そりゃそうだ、まだ社会復帰中)。

もう一人のプリマは、意外にも、その責任を全うしていたような気がする。下手にスキャンダルの渦中に引きずり出されたりとか悪女役を歴任してきただけではない、スター性を感じる。
まだ、技術がないけどね、ぜんぜん。

弁護士役のロックシンガーに至っては、「決めのセリフ」とか「芝居で音楽を呼び込む」とか「言葉のキャッチボール」とか、そういう教育を受けていないのがバレバレ。ただ覚えたことを羅列しているだけだった。
あれで金を取るのは…いかがなもんか…いい心臓だ。
もう芝居のオファーは受けない方が、彼のためにも良いだろう。
もしかしたら、彼は最初やる気は無かったんじゃないかと思うくらい。

唯一気を吐いたのが、刑務署長のママ・モートン役の田中梨花。彼女が現れると舞台の画面が引き締まる。歌も芝居も、こなれたベテランの味で見せてくれるのだ。惜しむらくは、レズっぽさが出なかったこと。でも逆に、彼女がいなかったときのことを考えると恐ろしくすらある。

助演の男優たちも頑張っていたが、やはりちょっと印象に薄い。例えば、エイモス(主役ロキシーの夫)は、1996年のブロードウェイ版で、ジョエル・グレイ(キャバレーのMC役でつとに有名)が演じていたくらい、追求すればもっと客が食いつく役だろうし、元小柳夫がダンスキャプテンだったそうだが、彼が「男性としてのセクシーさのマックス」であることを考えると、全体の「薄味さ加減」が分かっていただけるだろうか…

バンドは素晴らしい!日本のバンドも頑張ればここまで出来ると証明した形だ。

って、言いすぎ?でも、僕は金を払って観たんだから…いいよねぇ、これくらい言っても。

by kokimix | 2008-11-06 23:27 | ミュージカル
<< ウィケッド 日本語版 =毒吐き... 新しい稽古場への道順 >>