飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

Black and White / Pointer Sisters

d0053041_1032048.jpg


これぞエンターテイナー!筆者は彼女らが来日した際、幸運にもライブを見ている。これは自分の中で結構自慢できることの一つだ。Salt Peanutsを生で見たもんね~

彼女達のアルバムの中で僕がすきなのは、紹介の"Black and White"だ。このアルバムからはSlow handとShould I do it?の2曲がHot100top10ヒットとして収められている。
彼女たちの来日はすぐその後だったように記憶している。

カリフォルニア州ウエストオークランド出身の4人姉妹(実際は6人兄弟、あと男兄弟が2人いる)で、牧師夫婦の下に生まれた。天性のリズム感や音感と、育った環境が彼女達の才能を伸ばした。

その前に我が家にはすでに、父の趣味でデビューアルバムPointer Sisters(名曲Yes we can can収録、カッコいい!)があり、B面トップの声とリズムセクションだけで録音したThat's how I feel(この曲における長女ルースの低音はスゴイ!)が、人気番組「ポンキッキ」で使われていたりして、僕自身にはなじみが深かった。

その間、地味な感じの通好みのジャズファンク系のアルバムが多く発表し、グラミー賞なども獲得するが、、私生活などの問題もあり、グループは一時的に活動を休止。その後3女のボニーが正式に脱退し、1978年に発売したFire(ブルース・スプリングスティーン作曲)が大ヒットした。(Hot100No.1)

その後He's so shy, 前述の2曲に続き、I'm so exicited, American musicなどを発売した後、いよいよ彼女達の黄金期がやって来る。Jump (for my love)とAutomatic(これぞ職人芸!)や映画「ビバリーヒルズ・コップ」のサントラに使われたNeutron danceなどが全世界的にヒットする。それらを収めたアルバムBreak outもすごく聴きやすくていいのだが、個人的にはその前のBlack and WhiteとSpecial thingsを評価したい。彼女達の個性とプロデューサーであるリチャード・ペリー(バーブラ・ストライザインドやカーリー・サイモンなど)とのコラボがとても上手く行っていたのだ。

後、レコード会社を転々としたり、それぞれのソロ活動もあったりして、グループ名義のアルバムはしばらく出ていない。うちには4女ジューンのソロアルバムが2枚と2女アニタのソロが1枚、長女ルースのソロ曲が収められたディズニー映画「オリバー ニューヨーク仔猫物語」(このサントラにはなんとB・ジョエル、B・ミドラー、H・ルイスの歌も入っている)などがあるが、まだ3女ボニーのアルバムはちゃんと聴いていない。ま、これからだね。

現在は、ジューンが健康上の理由でツアーが出来ないため娘のイサが、代わりを務めているという。そんな環境に生まれたら、さぞや歌が上手くなるんだろうなぁ。

♪こーき

by kokimix | 2005-05-22 10:45 | 音楽
<< Me, myself & I ... Jennifer Holliday >>