飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

Evelyn Thomas

d0053041_21433425.jpg
* 80年代ダンスシーンを席捲!

あの頃、僕は渋谷のラ・スカラに入り浸っていた。入場料が割り引きになるサーフィンボードの形をしたキーホルダーを握り締めて、せっせと通っていた。

ダンスフロアでは、ハイ・エナジーが花盛りだった。イタリアン・ユーロビートが出て来る少し前の事だ。ブリティッシュ・インベイジョンも強かったが、僕はハイ・エナジーの方がどちらかと言うと性に合った。ミケル・ブラウンやヘイゼル・ディーン、パメラ・ナイチンゲール、ディヴァイン、シルベスターなどがそのカテゴリーに入るが、中でも今回ご紹介のイブリン・トーマスは歌唱力でピカイチだった。

* イリノイ州・シカゴ生まれ

ずっとイギリス生まれかと思っていたが、生粋のアメリカ人だと言う。どうやらUKで最初にヒットし始めたのは、彼女が故意に自分が黒人であることを「売らなかった」ためらしい。ちょっと聞くと、白人なのか、黒人なのか判断に苦しむような歌い方だが、その音域の広さや深い声質はさすが黒人のノドだ。

彼女のほかの曲を聴くと、音楽的にモータウンの影響を相当受けていることがよく分かる。

* 最初はイギリスのポップチャートで

火がついて、ドイツのチャートでも#1に輝いた。1984年のことである。その後、"Masquerade","Heartless"などのヒットを飛ばした。

しかし、いずれもシングルとしての扱いに長くとどまった。その頃12”シングルの存在が世間に認知されるようになって、出す曲がすべて12”で出てしまったからだ。 アルバムは合計6枚出しているが、,シュープリームスのヒット曲"Reflections"をハイエナジー風カバーバージョンがヒットして、アルバム:Standing at the Crossroadsがやっと陽の目を見た。
d0053041_21442152.jpg

* 今でも突き抜けるような

彼女の快唱を聞いていると、ちょっと元気になってくる。
おじさんかなぁ…iTuneストアにベスト版が出ていて、即座に買ったもので…今CDを探そうと思ってもなかなか店頭には無いので。
あぁ、ノスタルジー…

ちなみに、iTuneストアで彼女の名前を検索すると「ブルース」「R&B/ソウル」「ディスコ」と言う色々なカテゴリーで登録されていて、ちょっと笑える。

♪KOKI

by kokimix | 2007-01-17 21:48 | 音楽
<< Lisa Lisa and C... 1月15日は何の日? >>