飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

5 STAR / The Greates Hits

d0053041_23182491.jpg
* 懐かしい!

昨日新宿のHMVを歩いていて、ふと見つけた5Star(ファイブ・スター)のベスト版!即買い…

完全にノスタルジーなのだが、以前にブログに書いたThe Jets,Stacy Lattisawなど共に、僕の青春の一部だった…。

* 彼らのバイオが

なかなか見つからないので、ジャケ裏の解説を基に書くと、彼らはイギリスはロムフォード生まれで、デニース、ドリス、ロレーン、ステッドマン、デルロイの5人組。
父親をギタリスト(ウィルソン・ピケットと共にプレーしていた)に持つ音楽一家だ。各メンバーがそれぞれ作曲をするし、リードも取る。

結構踊るし、パフォーマンスは同時期に出たThe Jetsなんかより、よっぽど派手だった。ファッションもオシャレだったし、ルックスも良かった。

* 今回買ったベスト版には

1. System Addict
2. Rain or Shine
3. Can't Wait Another Minute
4. Slightest Touch
5. Strong as Steel
6. Love Take Over
7. Find the Time
8. Let Me Be the One
9. If I Say Yes
10. Stay Out of My Life
11. All Fall Down
12. Whenever You're Ready
13. R.S.V.P.
14. Somewhere Somebody
15. Another Weekend
16. Rock My World
17. With Every Heartbeat
18. There's a Brand New World

が収録されている。

どれも懐かしさは涙モン(利己的!)だが、一番思い出深いのは9曲目。PVもかっこよかった。まだジャネットがControlで大ブレークする前だったし。

他にも面白い曲が色々入っている。特にお気に入りは3、6、7、12など。

14のリミックスが少しモータウンサウンドのハウス版みたいな感じで、しばしばABCのWhen Smokey Singsのリミックスとくっつけたりして遊んでいたっけ…

* まだまだ語ると

10曲目のStay Out of My Lifeは、どこかとてもロックっぽくて、イントロだけ聞いたら下手をすると「ヒューイ・ルイス?」とか思ってしまう。他にもロックぽいと言えば
18曲目のThere's a Brand New Worldであるが、これはちょいとJohn ParrのMan In Motion(映画「セントエルモス・ファイヤー」の主題歌)のパクリ…っぽい…

果敢にも、11曲目では変拍子風のパーカッションにも挑戦しているし、正規の音楽教育に裏打ちされた実力を持っていることが窺える。(一応フォロー)

*戦略としては

デビューアルバムの"Luxuary Of Life"が、タイトルと反して、かなりアイドルチックだった。シングルのリードヴォーカル:デニースの声がカワイコちゃん系だったから仕方ないが。

1曲目はUKチャート3位、2曲目は2位まで上り詰めるなど、当時かなり母国ではヒットした。
日本でもなかなかの人気だった・・・と思う。(そうでもないかね)

ま、一部では結構盛り上がったのだよ…こんなシャレた可愛い曲を歌ってみろよ、当世のくずアイドルたちよ…
d0053041_2319977.jpg

* 栄枯盛衰(速!)

キャリア後半は化粧も結構濃くしたり、コスチュームもセクシー系にガンバっていたのだが、どうしてもグループ全体のまとまりがなくなってきたように思う。
88年にリリースしたアルバムRock The Worldが不発に終わり、その後も2枚アルバムを作るがヒットしなかった。
後発のジャネットやシェレール、キャリン・ホワイトなどに、チャート内での【位置】を奪われてしまった形だ。

彼らに1曲、いいヒット・バラードがあったら、もっと長生きできたかも。(Atlantic StarrのAlwaysとかKlymaxxのI Miss Youとか)

最近は(と言っても数年前だが)ステッドマン、デニース、ロレーンの3人で活動、ロンドンはウェンブリー・アリーナで行われたHer And Noe Tour
(80年代に流行ったアーチストを集めた懐メロショー)に出演したと言う話…

* 女の子たちは定めし

結婚してしまい、子供かなんかもいて、身動きが取れないのかもしれない。
この5人が何歳のどういう構成の兄弟姉妹なのかというデータが手元に無いので何ともいえないが…

しかし、このグループの旬は、たった3年間(1985~88年)だったので、記録も少なく、記憶に頼っている有様である。
海外のサイトにも記録が無い…なんでだ~

by kokimix | 2006-05-11 23:21 | 音楽
<< 最近の大物ヴォーカリストたちに... Andrea Bocelli ... >>