飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

タイ旅行記パート6

* バンコクはこの半年のうちに、また変わった

街の雑踏などはもちろん変わらないが、ワット・ポーのあたりを通ったときに、大勢の人々の群れに出くわした。
「これ、どうしたの?」とタクシーの運ちゃんに聞くと、「タクシン」という答えが返ってきた。

タクシン…ああ、首相の。今かなり問題になっているんだよねぇ。僕らが日本から来た時点で、もう既にデモなどがかなり盛り上がりを見せていたようだ。

気が付くと、夜の街も妙だ。シーロム通りの露天が片側全部無い。これもたずねると、どうやらデモに参加しているらしいとのこと。法律が改正されると、歩道の両側で露天を出すことが禁じられるかもしれないそうだ。そうなったら、彼らの生活は成り立たない。治安維持の名目だそうだが…

* また、新しい店も続々オープン

7ヶ月前には無かったスィアムの[パラゴン]という巨大デパートがいよいよ工事を終えて、開店した。何しろ巨大。新宿の高島屋と池袋の東武を合わせて、1.5倍にしたぐらいの大きさだ。

スカイトレインと直結しているから、とても便利で、ブランドショップから生活雑貨まで幅広い品揃え。迷子になるけど。なんと、地下に一階は巨大フードコート(食堂)、地下は巨大水族館になっている。

また、伊勢丹の隣のセントラル・ワールド・プラザ(旧ワールド・トレーディング・センター)は、ただいま改装中で、どんな風になるか楽しみだ(タイ人の工事なので、いつ終わるかは分からない)。

* おもしろかったのが

初めて入った東急+MBKというショッピングモール。東急は、日本の東急が進出しているのだが、隣のMBKは中国資本で、沢山の露天が集まっているのに、ちゃんと冷房が効いている建物の中で買い物が出来る。デパートではできない値段交渉も大抵OKである。
d0053041_2215980.jpg

僕はそこでiPodのための小型スピーカーを買った。怪しげな中東系の男性がやっているお店だったが、ステレオでなんとB500。日本円で¥1500。他にも、夜の屋台で買いそびれたお土産用のTシャツやらシルクのストールやらを買い込んだ。

* 一番よく行ったのが

前項から何度も登場するシーロムと言う通り。東京で言うと歌舞伎町か渋谷のセンター街のようなところだ。真ん中に南北に及んでいるのがパッポンとタニヤという通りで、これがバンコクの代名詞的な通りである。
d0053041_21384291.jpg


あちこちに女の子が半裸で踊るゴーゴーバーや怪しげなラミネートを持って言い寄ってくるポン引き、インチキな商品やバッタもんを買わせようとする商人などがウヨウヨいる。

ここで怖い思いやいやな思いをした人は多いと思う。が、慣れれば別に怖いところではない…と思う。皆基本的にのん気だからだ。油断しすぎないようにすれば大丈夫。

隣のタニヤ通りというところは面白いところで、ほとんど新橋の裏通りのようなところだ。看板はひとつ残らず日本語で書いてあり(なんとなく昭和の匂いがする)、一番大きなタニヤ・プラザと言うビルはゴルフ関連商品のビルなのだ。ゴルフかレストラン。それだけ日本人・ビジネスマンがゴルフに行くと言うことなんだろうけど。

* バンコクの新たな楽しみ

と言っても、全然新しくもなんともないけど、このたびでマスターしたことに、一人でモーターサイに乗るという技がある。これはなかなか便利な交通手段だ。

街のあちこちにいるオレンジのベストを着た[たるそうな]お兄さん方に「〇〇に行きたい」と言うと、格安でバイクに乗せてくれるのだ。これなら渋滞もへっちゃら。ガンガン追い抜いて、すり抜けて、掻き分けていくのだ。ちょっとしたスリルだ。風になる~

ちゃんとひざやひじを締めて置かないと、通り過ぎる車の出っ張りに当たって怪我をすることもあるらしい(僕も実際、ちょっぴりひじが、他の車のミラーに当たった)が、それさえ気をつければ、すこぶる快適だ。しかも、運転者はプロなので、安心。

時と人によってヘルメットを渡されるが、これは名目上(警察の取締りの手前とか)のことも多いみたいだ。ちなみに、一般市民は普段ノーヘルで乗っている。バイクは庶民の移動手段で、どんなお年寄りでもバイクに乗る。一度、家族連れ(父母子3人)の5人が、一台のバイクに乗っていたのを見たときは驚いたが。

* 運転がプロと言えば

バスやトゥクトゥク(3輪自動車タクシー)の運転手も負けていない。タクシーの運転手など、対向7車線の道路を、平気の平左で右折していくのには驚いた。(バンコクは日本と同じ左側通行)しかも、右折用の信号が無い!…むりくりなのだ。
d0053041_2158615.jpg

観光地に行くと、[ソンテウ]という改造したピックアップトラックのようなものもある。乗り合いタクシーで、同じ目的地や方角だと乗せて行ってくれると言うものだ。これも旅情緒があっていい。

♪KOKI

by kokimix | 2006-04-04 22:16 | 旅行記
<< タイ旅行記パート7 タイ旅行記パート5 >>