飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

アメリカ旅行2016<NY編> 8

さて、観劇の報告を^^;)

今回は2本しか見られなかったのですが、そのうちの一本が「王様と私」です。
大昔、どんな機会でだったかは忘れましたが、映画版を観た事がありました。
その時の僕の感想が「退屈な話だなあ」というものだった事から、その後元共演者が出演していようが有名人が出演していようが、自分から観る気持ちにはなれませんでした。

しかし、去年渡辺謙氏が同作でのトニー賞ノミネートと言う快挙を成し遂げた事をきっかけに、ぜひ21世紀仕様の演出を観てみたいと思うようになりました。それ以前に松本幸四郎氏が英国ウエストエンドで演じ話題になりましたが、その事には今の日本では全くと言っていいほど最近触れられていないのが不思議ではありますが…
d0053041_22182850.jpg

今回公演が行われていたヴィヴィアン・ボーモント劇場(リンカーンセンター内)はすり鉢型の客席を擁していて、ステージを見るとちょっと見慣れない梁の様なものが縦横に。
これの上を役者が通るのか?…それにしては、ちょっと狭過ぎる…オーケストラピットの真上を覆いかぶさるように張り巡らされている鉄骨に疑問は膨らむばかり。
僕らが行った時の客層は、他の劇場とはちょっと雰囲気が違って、いかにもハイソというか落ち着いた年齢層の人々が中心でした。
d0053041_22184728.jpg

さて、開幕。
序曲が終わると共に幕が上がると、度肝を抜かれる事が!!
これはまだ見ていない方のために伏せておきますが、あのような形の幕開きは僕自身いままで見た事がありませんでした!
オーケストラの演奏が徹頭徹尾素晴らしく、隙のない仕上がり。加えて、主役の二人:王様とアンナ先生の見事な事は言う必要もないのですが、とにかく脇の役者の技術の手堅い事!
歌の音程や解釈はもちろん演技や振付に至っても、まるで大きな極楽鳥の鳥カゴか何かを見ているようなシンプルな美しさ、しかしその中においても豪華さと優雅さを忘れない心意気のようなものが感じられました。
また、音楽の解釈が違うからなのか、自分が大人になってから見ているせいなのか、名曲たちの美しく心に響くことと言ったら。どのナンバーも涙なしでは聞けないほどでした。
d0053041_2219527.jpg

役者さんについては主演のケリー・オハラの手堅さに加えて(これがアンナのキャラ造りに影響したと思われ)王様を演じたフーン・リーの身軽さ、軽妙さ。 
d0053041_2221726.jpg

僕が観た時はちょうどリー氏が怪我をして何ステージか降板し渡辺さんがその間急遽その穴を埋め、リー氏が復帰して3公演目だったようなことを聞きました。僕らが観た一週間後に正式に渡辺さんが登板するという流れだったようです。
どうしても欧米で東洋人を描く時に強調されがちなのが「細さ」「弱さ」「ずるさ」などの要素ですが、この公演に関して言うと、実に男優たちは男性的で野性味にあふれていて(欧米から見たアジアの粗野さを出すためとも受け取れますが)女性たちはどこまでもエレガントでしなやか。
カンパニーの中に日本で知り合いになったダンサーのシノミヤ・アツヒサ君がいて、彼がとても見やすい席のチケットを取ってくれ、なお終演後バックステージツアーにも連れて行ってくれました。
d0053041_22215238.jpg

オハラさんにもリーさんにもご挨拶が出来、その上やはりトニー賞を獲ったマダム・ティアン役のルーシー・アン・マイルズさんにも会う事が出来ました。当たり前の事かもしれませんが、舞台を降りたらとても気さくな皆さんで、特にマイルズさんは舞台で見るよりずっと若くて可愛らしい感じの女性でした(マダム・ティアンは全国王夫人の要なので、どうしても貫録が出やすいのです)。
d0053041_22231452.jpg

開幕してから一年が経とうと言う頃だったのですが、いかに東洋の話だとは言え、多数の日本人ダンサーが参加していて、隔世の感がありました。

by kokimix | 2016-05-09 22:25 | 旅行記
<< アメリカ旅行2016<NY編> 9 アメリカ旅行2016<NY編> 7 >>