飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

アメリカ旅行2016<NY編> 7

あまり僕は「観光」をするのがそれほど好きではないので、展望台などはそれほど興味がなかったのですが、あの出来事のあまりのショッキングさを考え、行く事を決めました。
d0053041_1327938.jpg

もちろんあれから15年の月日が経っているので、すべて生まれ変わり新しく開発されていましたが。
d0053041_1328216.jpg

https://oneworldobservatory.com/ja-JP/

1階の窓口で¥3000ほどを払って、長いエレベータに乗り込むのですが、内装が全部LEDパネルになっていて、1950年代からのニューヨークの景色や文化風俗などが紹介されます。1分で頂上に到着します。いつも日ごろ結婚式の仕事で高いビルには慣れているつもりでしたが、たった1分で102階の高さに到達するというテクノロージーにまず驚かされました。
エレベータを降りたところからすぐの場所に広い踊り場のような所が会って、その壁一面更に現在のニューヨークの映像が写ります。そしてそれが終わった次の瞬間、その壁/スクリーンが上へとあがり、実際のマンハッタンが一望できると言う演出です。これには一同思わず拍手!
d0053041_13285083.jpg

更に詳しい事を知りたい人のために、ガイド役を務めてくれるタブレット端末の貸し出しや、部屋の隅々に配置されたオブジェの横でどんな質問にも答えてくれる気さくなボランティア。
1階下のレベルには立ち飲みのカフェやゴージャスなレストラン、大きなお土産スペースなどが位置していて、ちゃんとお金も落ちるように考えられていました。
d0053041_13292246.jpg

眼下には、ブルックリン橋も一望!(観光に興味がないはずじゃ…?)

そして降りる時のエレベータにもやはり別のストーリーがLEDパネルに写る仕掛けで、外に出ると、入り口に向かって右側におおきな貯水池のような噴水のような不思議な施設が目に入ります。
d0053041_13303169.jpg

これはReflecting Poolと呼ばれるもので、日本語ではさしずめ「追憶の池」とでもなるのでしょうか…原爆ドームのそれと同じように、崩れ落ちるビルの粉塵や炎の中で水を求めて息絶えて行った犠牲者の安らぎを願って造られたと聞きました。

by kokimix | 2016-05-07 13:31 | 旅行記
<< アメリカ旅行2016<NY編> 8 アメリカ旅行2016<NY編> 6 >>