飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

アメリカ旅行2016<NY編> 4

NYの地下鉄はなかなか張り巡らされているので、一見取っつきにくそうです。

しかし、日本で電車に乗り慣れている方にとっては簡単簡単(^-^)
d0053041_13353695.jpg

駅の出入り口を過ぎた所にある自販機でメトロカードを買います。
これは1日乗車券・一週間乗車券・その都度チャージするタイプなど多種あるので、必要に併せて選べば大丈夫。
無論クレジットカードも使えます。
その後ゲートにあるスキャナーでメトロカードを読み込んでホームに入る訳ですが、このスキャナーがなかなか曲者で、たまに簡単に読み込んでくれないことがあります…
ちなみにNYの地下鉄は、入る時のみカードを読み取ります。出る時は、単にディズニーランドの様な出口を使って外に出ます。

ただ気をつけたいのは、乗り場なんですが…

日本のバスの停留所の様に、行きたい方向によって出入り口の位置が通りをはさんで反対になっていると言う所です。
というのも、プラットホーム同士をつなぐ通路がほぼどの駅にもないからです(例外:タイムズスクエア駅、ペンシルバニア駅などの大きな駅)。

だから、一度間違ったホームに入ってしまうと、もう反対側には戻れないのです。
これで僕は2回ほど運賃を損してしまいました。もしかしたら窓口に行けば払い戻ししてくれたのかも…と今になって思います。といって、大きな駅の窓口にしか係のひとはいないのですが。
これを予防するためには、まず出入り口の看板に書いてる「行き先/方向」を必ず確認する事。
主に地下鉄は南北に走っています。
(写真中の125st Downtown & Brooklynが南行きというサイン)
d0053041_13344470.jpg

だから、自分が行きたい方向が北なのか南なのかをちゃんと分かっていれば、間違いないと言う訳。
しかし、車内にははっきりしたアナウンスもなく(あるけど、とても聞き取りづらく、当てに出来ない)行き先を表す案内板もあるけど、前にその車両が走っていたルートのままだったりして「この案内板は現行のルートを反映していません」のような不親切な書きかたをしてあるのです。書くぐらいなら、とっとと入れ替えればいいのに!
d0053041_13382848.jpg

(ハーレムにある駅なので、ゴスペルがテーマのモザイクが)

そして、これは街全体で言える事なのですが…
たまに、車内にて大きな声で話し出す人が現れます。大抵の場合、これらのひとはホームレスで、自分の生い立ちや現在の不幸な境遇、苦しい暮らし向きなどについて滔々と語ります。
無論、80%の人はこれらの演説を聞いてもほぼ無視するわけですが、僕が宿泊していたハーレムでは、地下鉄の乗り始めもやはり90%は黒人の皆様。
そこへ黒人のホームレスの方が入ってきた時に、数少ない東洋人としてはなるべくオーラを消し、トラブルを回避するということを覚えた次第です。

それでも、奇特な方が5ドル札を彼らの古ぼけた紙コップや洗濯していない帽子などに入れてあげる訳で…後で聞いた話だと、ホームレスとは言いながら、帰ればなかなかステキなお家にお住まいで、そんなに悪くない暮らしをしている人も少なくないとか…
これも、大都会ならでは^^;)

by kokimix | 2016-04-29 13:40 | 旅行記
<< アメリカ旅行2016<NY編> 5 アメリカ旅行2016<NY編> 3 >>