飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

今度のステージでは、ファンタスティックスを歌います!

* 懐かしすぎて、あまり思い出したくない…

本当に僕はそのとき若かったのです。何も知らない若造で、まるでストーリーに登場するマットそのもの。(違うのは、僕がもう25くらいだったこと)うっかりオーディションで受かったのはいいけど、芝居の経験もたかが知れてるし、かと言ってこの「ミュージカル俳優の登竜門」から敵前逃亡するわけにも行かず、なんとかファンタスティックスファミリーに入れてもらうことになりました。今考えただけでも、冷や汗が…(^_^;

* 音楽も難しかったけど

何より大変だったのが台詞の量。今考えるとどうってこと無い様な気もするけど、その瞬間は「え”~これ全部覚えるの~」と弱音が出たものでした。案の定、稽古に入ってから演出家からダメだしの連続で、落ち込む日々が続きましたね…

それまでの僕は、周りでにぎやかしくしていればそれでよかったので「これぐらいなら楽勝」と言う甘い考えを持っていました。ところが、この作品のマットという男の子は、どう考えてもストーリーの主人公です。実は女の子ほど歌の分量がないのですが、ストーリー上いろいろなことが要求されます。立ち回り(子供だましのものですが)やら、振付やら、モノローグ(独白)やら。

ひ~
d0053041_0315664.jpg

* どうにかこうにか

初日が開きましたが、そのときのメンバーはいまも第一線で活躍中です。僕と砂田恵美さんというクラシックのオペラ歌手が組で、もう一組:柳瀬大輔&佐渡寧子と言う組もありました。互いのスケジュールが合わなくなったりすると、それぞれペアを取り替えて稽古したりもしました。
いまではふたりもビッグになって…

よく考えると羽賀研二の昔から、江川真理子、花山佳子、安崎求(この人には大変お世話になりました、感謝!)、別所哲也、鹿志村篤臣、松田辰彦などの各氏が輩出されています(名前が出なかった人、御免なさい!これぐらいしか、いま思いつかない)すごいでしょ?

沢木順さんは、なんと初代のマットで、ルイザが現劇団円の重鎮:小森美巳さん、そして聞いた話だとエル・ガヨが上条恒彦先輩だっとと言う話!(芸術座で公演されたとか)

* 今回は

久しぶりに通称「誘拐ソング」をやろうと思います。スパニッシュ系のカッコいい歌で、僕も歌っていてもとても気持ちのいい歌のひとつです。

10月19日(水)7:30/8:30/9:30からの3ステージです。もちろんそれぞれ違う歌をうたいますよ。ぜひお楽しみに。

ちなみに、うちの相方はその昔、ルイザのお父さんをやったことがあるそうです。

by kokimix | 2005-10-12 00:31 | ミュージカル
<< 夜のボート ~「エリザベート」より~ せっかくの○○が泣いてるぜ… >>