飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

これは、乱れか?はたまた、進化か? <その3>

二重敬語というややこしいものが、昨今指摘されることが多くなってきた

確かに、皇族の活動をリポートするアナウンサーとかの日本語は

二重敬語のオンパレードである

間違っているとも言えない部分もあるが

時に、かなり聞き苦しく、言っている本人も言いづらそうだ

巷でやたらと繰り返される「させて頂きます」などはその一例で

司会者殺しのフレーズナンバーワンである

ちなみに、僕はいつも「致します」に置き換えてしまうが^^;

だって、噛みたくないんだもん

この「噛む」も、元来業界用語で…(´`)

「目線」とかもそうだが、一般の人々が使っているのを聞くと

違和感を感じてしまう自分が保守的すぎるのか

加えて、呼応の副詞とかつて呼ばれていた

「全く」「全然」「絶対」など、文末に「ない」を伴うべきとしていた言葉も

すっかり肯定文に堂々と組み込まれている

が、聞くと、明治時代の文献などには

すでに肯定文をサポートする副詞として登場していたという記録もあるらしく

こうなると、昭和の教育はなんだったのかと、疑問も湧いてくる

こうした<昔の教育を疑問視する>と言う動きも、

一種の進化なのかもしれないが、

この「行きすぎた進化」を止める必要もあるのかも

しかし、この問題はなかなか厄介でもある

なぜって、敬語を使われる対象の人間たちのセンスがかなり退化しているからだ

今、敬語を使われる対象の中心…現在65歳以上戦前派以降の人々の感覚は

時によって、気まぐれなことが多いからである

今65歳以上戦前派以降ということは、大まかに言うと

団塊の世代ということになる

戦後の混乱や日米安保の学生運動、オイルショック、

バブル、果ては現在に至る不景気など

非常に多様な価値観の中で育ってきた世代なので

何が地雷なのかを判断するのが、難しい

「失礼」と「きさく」の境界線が曖昧なのだ

というより、その時の気分次第である

現代の若者たちがよく「そつがない」とか「失敗を極度に恐れる」と

大人たちに揶揄されることも多いが、

それと同じくらい、今の65歳以上は実際面倒くさい世代なのだ

by kokimix | 2013-09-04 14:38 | 日記
<< これは、乱れか?はたまた、進化... これは、乱れか?はたまた、進化... >>