飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

空港

米の監視活動暴露した英紙記者のパートナー、空港で一時拘束 http://www.cnn.co.jp/world/35036087.html

ガーディアン記者のパートナのー拘束めぐり対立(TBS系(JNN)) - Y!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20130821-00000021-jnn-int
d0053041_1657673.jpg


仲良さそう(^^)v


ノースデン氏の騒動以来、この手のトラブルは後を絶たないが

僕が報道の自由と国家保安とどちらに肩入れしているかはともかく

最近欧米…特に、英語圏でのテロ対策関連のややこしさには

ほとほと疲れを感じる

10年近く前に、サイパンに旅行した際

飛行機搭乗前直前、ゲートをくぐり、正に乗らんとしているタイミングで

係官から「靴脱いで、そこに立て」と、探知機のようなものを指差された時は

正直、唖然としたのを思い出す

のに、アメリカ本国では、国内線で、若い女性たちが

キャアキャア言いながら、平気でスタバのプラ容器入りのフラペチーノを手に、

中身をチャポンチャポンさせながら機内に入ってきた時は、

もっと唖然とした(꒪⌓꒪)ドユコト

どっちが正しいの?

その時の、気分なの?運なの?巡り合わせなの?

話に聞くと、特にアメリカの体制は、あらゆる面で中途半端(´`)

この出来事は、イギリスの空港だったらしいが

イギリス英語で言われたら、もちょっと説得力が増すのかなあ

アメリカの、時給$50にしか見えないオバちゃんとかにガタガタ言われたら

腹立つんだろーなー

で、この記者(拘束された人のパートナーの方)の経歴を調べたら

NY法科学校卒のインテリで、著書も多数

で、同い年!(◎_◎;)ギャフン

…って、そこかよ(゚O゚)\(- -;

by kokimix | 2013-08-21 16:58 | 日記
<< パティとナタリー 出られるのか…? >>