飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

Sparkle

未見だけど^^;ちょっとCNNで話題になっていたので

これは、結果的にホイットニー・ヒューストンの最後の映画出演作となった

過去の彼女の映画での演技は…ま、それほどすごく褒められたわけでもないと思う

調べると、このSparkleは、1970年代の作品のリメイクで

なんと、あのアイリーン・キャラ(Fameでおなじみ、フラッシュダンスの主題歌も大ヒット)が

若い3姉妹のリードを演じている…今作品では、アメアイのジョーダン・スパークス

昔の画像をみると、ちょっと学園ものっぽいニュアンスも見て取れる

母親役(今回問題ホイットニーが演じた)は役名が変わっていて、

メアリー・アリス(マトリックスシリーズのオラクルを演じていた)が担当していた

アイリーン・キャラ…懐かしすぎる!

ま、それはおいて置いて

なにが言いたかったかというと

以前のバージョンも今回のも、徹底的に黒人マーケット狙いの映画だということ

日本にはあまり情報として入ってきにくいが

アメリカでは、かなりはっきりと白人用黒人用の映画の住み分けが、いまなおされている

それは、あちらの国情を考えるといた仕方ないが、

今回のSparkleも、ホイットニーの死がなければ、なんの話題にもならなかったろう

アメリカには、タイラー・ペリーという、黒人の役者がいて

彼(♂)の得意な分野は「おばあちゃん」

すごくうまい事女装する…男性役ももちろんするけど^^;

親戚一同が集まっててんやわんや系の映画を作らせたら、いつもヒットする敏腕製作者でもあるのだ

しかし、彼の映画は、全くと言っていいほど、日本に入ってこない

興味深い作品お多数あるのに

確かに、実際見てもピンとこない事もあるし(地域的な習慣とか、文化とか)

しかし、そういうのを知らしめてこその映画じゃないのかい?

ミュージカル映画が、あまりの田舎住まいで、ブロードウェイにこられない人たち用であるのと同様

我々は欧米の、しかも人種の全く異なる習慣・文化をそれで体験してもいいのでは?

でもね~^^;

実際のところ、はっきり言って、儲かんないんだよね

知ってた(* ̄- ̄)y─┛~~

by kokimix | 2012-08-07 13:40 | 映画
<< 【6月のライブにお越し頂いた皆... 根性論 >>