飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

私立学校法人て

東京女学館が、かなりヤバい事になってるらしい

女学館と言えば、僕が学生の頃は

イケイケ女子大生の代名詞だったし(オールナイト・フジとか^^;)

高校卒業のころは、やれディスコで謝恩会だとか

かなり華やかなイメージしかなかった

ところが、現代では短大だった最高学府を4年制大学にシフトし、

その揚げ句、大学が経営破綻ということらしい(他の機関はむしろ黒字)

4年制に転換する段階で、現在の少子化に思いが巡らなかったのは

教育機関としての大きなポカだし

結局、いま各大学で学生の取り合いになっているのが現場で

閉校に関する説明(弁明)会で、

やたらと学生とその親が感情的になっているシーンが映し出される


…しかし、ちょっとまて!

おまいら、何をしに大学に行くんだ??

この話をテレビで見ていて、感情的になる女子学生達の視線の先にあるのは

どうやら「就職先」らしいということがわかる

つまり、大学は就職を確定にするためのステップなんだね

「昔は○○だった」ということはあまり言うべきではないかも知れないが

大学に行くという過程は、本来勉強したいと思う者が辿るべき道で

ちゃんと現代の学生に、就職以外のビジョンがあるのかと問いたい

かつて「大学は出たけれど」という日本のサイレント映画があった

コメディで主人公は男性だが、物事の本質を突いていると思う

あまねく教育が受けられるという触れ込みの日本社会で、

教育を受けたから、さて何ができるんだと問われた時に

ぼう然とする平成生まれの多い事よ…



って、中退者の言うことじゃないかあ〜(ゝω・)テヘペロ

by kokimix | 2012-07-02 10:06 | 日記
<< レッグカールの魔(°д°.) 一夜明け^^;) >>