飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

レ・ミゼラブルの早変わり ~アンジョルラス編~

* 袖中では行ったり来たり

レ・ミゼラブルと言う芝居の魅力の中に、ジャン・バルジャンとジャベール役以外の役者は全て何らかのアンサンブルをやらなければならないと言う点があげられます。どんな大物やベテランでも、上記の2役以外の人は全て例外なく、です。

もちろん、自分の本役ではないときの役もそれなりに完成したものにしないと、演出家は許しませんでした。(「イギリス流の稽古」の項、参照)ですから、衣裳変えを含めて、袖中は運動会のようでした。

* アンジョルラスの場合

もちろんアンジョルラスも例外ではなく、アンジョルラス役以外に9役あります(1998年当時)。並べると、幕開きの囚人、草刈している農夫、小さい宿屋の客、通行人(=見物人)、失業者、工場労働者、ファンティーヌを運ぶ警察官、裁判長、給仕という運びです。

中でも個人的に好きだったのは、小さい宿屋の客と裁判長でした。「小さい宿屋」と言うシーンは、2003年度版でカットされてしまったシーンです。バルジャンが泊めて欲しいと頼んだにもかかわらず、宿の主人に追い出さされて、客の一団に暴行を受けると言う段取りでした。

宿の主人(当時はプルヴェール役の役者)が「お前の 寝る部屋はない 家はまともな宿屋だぞ」という部分があります。このメロディーは、作品中何度も出てきて(その前の農場、ファンティーヌとバマタボア、テナルディエ・イン冒頭など)歌う者を困らせます。多分「世の中の不条理」みたいなものを表現するのに使われたモチーフだと想像するのですが、とにかく音程を取るのが難しいのです。(僕はちなみにいままで一回も、これを本番で歌ったことがありません…一度くらいやってみたかった)

* 裁判所のシーン

裁判長は、バルジャンが自分の身代わりに捕まっている男のために、自ら自分がバルジャンであると名乗り出ることを決意する歌のシーンで出てきます。音楽とのきっかけがあるので(全員スタンバイが消し幕+紗幕の後ろ)なので、遅れてくることが許されません。

一度、随分昔の話ですが、そのシーンの警察官役の人のうちの一人がとても遅れてやって来たことがありました。警察官といっても、そのシーンでは、ニセバルジャンが繋がれているフェンスを手で持って現れると言うことが段取りなので、警察官がいないと誰かがそれを持たなくてはなりません。誰が代わりに持ったんだっけな…レーグル?

* マンネリ打破のはずが

大変いけないことなのですが、何十回もやっていると少々飽きてくることがあります。僕らも人間なので。演出家も、たまに変化を起こすことも必要だと言っていたので(他の人に迷惑のかからない範囲でね)あまり止められたりはしませんでした。

少し欲が出てきた当時の森田は、こともあろうにその裁判長にヒゲをつけて出ました。シーンの終わりでバルジャンが「自分がバルジャンである!」と宣言し、場内が騒然となる、という段取りの時、みんないっせいに裁判官達の方を振り返ります。そのときのみんなの顔ったら・・・(反省)

* コンビで行動

マリウスのラインもほぼ同じです。最後の結婚式の給仕だけが違います。芝居中ずっと一緒にいることになるわけで、袖中でもコンビです。途中からアンジョルラスは急に暇になります。(死んでしまうので)
だから、余裕があるときはマリウスの段取りを手伝ってあげたりしたこともあった…かな?

二人のゆとりの時間は、実は「テナルディエ・イン」の歌の前後です。ファンティーヌを運んできて、帰ってくるとメイクスタート。その間にメイクを済ませてしまうということです。それまでは4人ともそれほ顔を作らない習慣でした。

あるマリウスなどは、冒頭用に、「お間抜け顔」をわざわざ作って(鼻の穴を広げたり、ほくろを付けたり)、その顔で囚人~農夫~他の人々をやった後、警察官のシーンで「全落とし」という工程を踏んでいました。。そんなところでウケてどうするんだ…?

* 興味深い

一緒にやっている役者さんによって、このアンサンブルの作り方が異なっていて、大変勉強になりました。プリンシパル(いわゆる役つきの人)は、本役で出てきたときのインパクトがあるから、なるべく(普通はね)目立たないようにする傾向があります。

役者さんによりますが、中にはプリンシパルの人でも、思いっきり目立とうと頑張る人もいますけどね。

でも、女優さん(特にエポニーヌ役とマダム・テナルディエ役)は、気配が他の人と明らかに違うので、見ていて面白かったです。注目は工場でのマダム・テナルディエ役者の動きと、ラブリーレイディでのエポニーヌ役者の動きです。次回見るときの参考にしてください。

もしかしたら、今は全く違う動きが付いているかもしれないけど。

♪こーき

by kokimix | 2005-08-20 22:55 | ミュージカル
<< レ・ミゼラブルの早変わり ~コ... Meet the Focker... >>