飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

タイ旅行 7日目 7月26日

* 今のホテルには

いい朝食のサービスがありません。あるけどちょっと食べたくない感じ(コックがいかにも下手そう)なので、隣の大ホテル[ロイヤルパラダイスホテル]の朝食ビュッフェに出かけました。
タイのホテルの朝食はなかなか豪華で、普通の養殖は勿論、中華やタイ風のものもあります。タイ風は、朝から味の濃い炒め物などで、軽いもので慣れている日本人にはちょっとツライかな。今日の昼ごはんは遅くなることが予想されたので、僕は結構ガッチリと食べました。

* またまた別行動

その後ジョンは部屋で仕事をすると言い出したので、僕は一人「サトルの店」へ行ってブログを更新し、道々散歩をしながら帰ってくることにしました。外は相変わらずの不安定な天気。晴れたかと思うとグッと曇ったり、変動が激しいです。

ホテルに帰ってくると、ジョンが軽いお昼を食べたいと言い出したので、近くの[コネクト・カフェ]へ。小さいお店ですが、フレンドリーでいい感じ。パッタイと春巻きとエビフライを注文しました。パッタイも春巻きもおいしかったのですが、何よりエビ好きとしては、エビフライの出来に感心。尻尾まで食べられるくらいしっかりと揚がっていて、15匹ほどが入って1皿B130とはお値打ち。

* 恐怖のツーリング

その後ジョンは「僕、バイクをレンタルして走りたいんだけど…こーきどうする?」
実は、以前彼のバイクに乗っかって怖い思いをしたことが何度もあります。(サイパン、パタヤにて)僕は免許も持ってないし、そんなにあちこち見て回らなくてもいい。もともと<だらけた生活>をしたいがためにタイに来たわけで、余計な冒険はお断りです。まっぴら。
「気持ちいいのになぁ」とジョン。
結構です、と言うか<イヤです>(キッパリ)一人でプーケットの風になっておれ。事故だけはおこすなよ。

* だって歩くのが好きなんだもん

一人でまた散歩。今回は今まで通らなかった北側の道を進んでみることに。歩いた方が道々の店や人の様子などが良く見えます。これは車やバイクで通り過ぎると、表面的にしか分からない、といつも僕は思っています。

途中インド人街があって、急にカフェで水タバコを喫っている人々を見かけました。頭にはターバン。こういう人たちの営むテーラーは良いと何かの本で読みました。ぐるっと回り込むとパトンビーチのほぼ南端に出てきます。

「確かこの辺にスタバがあったはずなんだけど、津波でやられちゃったかなぁ…あった!スタバとハーゲンダッツ。その間に前に良く見に来たフィリピン人の上手なバンドが出るライブステージがあったね。懐かしい!」今も<マニラ・マシーン>と銘打って連夜出演中です。

* タイのライブ事情

津波前は、ほとんどどこのレストランにもライブで音楽を提供するバンド/ユニットがいて、上手下手はあるにしても、みんながんばってるなぁと励まされたものでした。今は随分少なくなったみたい。

日本もこうなってくれると、ミュージシャンは食べていけるのになぁ。皆経営者は面倒くさくてCDを買ってきてかけたり、有線放送に頼ったり。いささか情けないです。

* さて、いよいよ

無事ツーリングから帰還したジョンと合流して、いよいよ念願の大海老ディナーへ!!
[レストラン・サヴォイ]はパトンビーチ海岸通の真ん中よりやや南。ライブステージがある外側の大きなテラスとシックな内装の建物のどちらかで食べることになります。
ジョンがすごく暑がるので、僕達は建物の中へ。
(デブは暑いのが何より苦手)

外にはエビや魚類、イカ、ロブスターなどのシーフードが氷の上に並べられ(あるいは<いけす>で)そこから自由に食べたいものを選んで、調理してもらうと言うシステムです。
僕達は大きなロブスターと、伸ばしたら30cmはあろうかと言う大きなタイガープローン(車えびの親分)を4匹、それとカニチャーハンを頼みました。

いつもは頼まないトロピカルカクテルなども注文して、すっかりはしゃぎモード。

* 巨大甲殻類

いざ出来上がった料理を見て、二人とも唖然。

おおおおおお、おおきい!
想像していたよりもおおきい!
食べ切れるのか、これ?

大丈夫、僕がいます。食べました、力の限り。ロブスターは日本のチンケなのと違って身も太く、柔らかでジューシー。プローンもちょうどいい歯ざわりとにんにくの風味でこれまたGOOD!
日本のエビかに類は、味が濃くて好きなのですが、料理人の腕が悪いのか何なのか、すぐ縮まって小さく硬くなってしまいがちです。
それを見越して大きいものを注文したつもりだったのですが、全く縮むことなく、ほぼ原形をとどめていて驚きました。

ただ値段もそれなりで、あのジョンが最後のカニチャーハンを残すぐらい頼みましたが、二人でB4500ぐらい。いつもの夕食としてはかなりふんぱつしました。
ジョンいわく「生きてきて、今までで一番沢山シーフードを食べたかもしれない…」

でもその後、しっかりと二人で歩いて近くの31アイスクリーム(アメリカではBaskin and Robbin'sと言います)へ行って、しっかりとデザートを食べてしまいました。

by kokimix | 2005-07-30 02:09 | 旅行記
<< タイ旅行 8日目 7月27日 タイ6日目 7月25日 >>