飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

タイ6日目 7月25日

* 最初に感謝

いろいろな方にご心配をおかけしたようで、申し訳ないです。こちらでも地震はあったようですが、主に被害はインド洋沿岸ということで、こちらは「あーまたゆれたね」という程度のことだったようです。(現地の人の談)相変わらずおかげさまで、こちらは脳天気に過ごしております。ありがとうございます。

* もとい!…いそいそと

朝食を済ませてから、すばやくパッキングを完了し、いざパタヤ:ウ・タパオ国際空港へ。車で約45分ぐらいの所にあります。ホテルで送迎をしてくれると言うことだったので任せました。

空港に着いて見ると、思ったとおり元軍隊関係の飛行場で、あちこちに軍用機が停まっています。国際空港といってもたかだか観光地の乗り継ぎ空港なので、さしたるものもなく、僕達は空港の食堂でコーヒーなど飲んで暇つぶしをしました。

* ひさびさの~

飛行機は80人ほどのキャパシティで、プロペラ機。む~何とも懐かしくいような、怖いような。

定刻(12:10発)より15分ほど遅れて離陸、後飲み物のサービスと思いきや、なんと1時間半ほどの飛行にもかかわらず、機内食が!!
いいねぇー

手元に配られた弁当箱を開けてまたビックリ!パッタイだぁ~久々の対面!
会いたかったよう~卵に包まれて、まるで茶巾寿司のような様相だけど。
脇についてきたチリソースをたっぷりかけてマゼマゼ…おいしー(ニンマリ)

* 熊が熊を…

食事の後、ジョンが手元の小冊子を見ながら「どれにしようかなー」と悩んでいます。
僕には理解しがたいのですが(個人的に)彼はこういうところで買い物をするのが好きです。それも「それを買って後々どうするの?」と言うようなものを買いたがります。今回のお買い物は、アメリカに住む古い友人のためのお土産なんだそうで。

彼が最終的に選んだのは1:スワロフスキーのラインストーンが入った小さな象の形のキーホルダー/2:紅茶の香りのシューキーパー/3:パイロットの制服を着たテディベアの3品。

1と2は機内に在庫があったのですが、3だけがどうしてもないと言います。本人はそれが一番欲しかったので、とてもとても残念!(彼は無類のテディベアコレクターです)
「きっと、バンコク行きの便の中で買えるよ」と慰めました。
やれやれ…

* プーケットに到着

思ったよりスムーズなフライトの後、プーケット交際空港へ到着。現地では、パタヤで予約しておいたホテルの送迎車が出迎えてくれました。予約する時点で、ネット環境も整っていると言う話だったので、そちらも期待していました。

空港から目指すパトンビーチまでは、車でやはり45~50分ぐらい。結構遠いです。行く場所にもよりますが。他に観光客が行きそうなところと言ったら他にカタビーチ、カロンビーチ、プーケットシティなど。でも、プーケットシティにはビーチがないので、リゾートを目的とする観光客にはあまりウケない場所です。

ビーチも思ったよりすっきりしていて、随分変わってしまった様子。津波で一掃されてしまって(返って都合よく/不謹慎)改装を後押しされたのでしょう。

* 次のホテルはAquarius (When the moon is in the seventh house...)

早速部屋に入ると、む~これはなかなか良さげだぞ…小さいキッチンも付いてて長期滞在者向き。広々ベッドにテレビとこれまた広いバスルーム。アメニティも充実している。
ごうか~く!

* ところがここもまた

いざネットに繋ごうと思ったら、上手いこと行きません。フロントに問い合わせると「オーナーがプロバイダともめてて今ダメです」との返答。あららー

まぁ、じゃ外のネットカフェに頼るしかないねー。そういえば来る道々、通りに日本語オーケーのネットカフェの看板が見えたな。あそこに行こう。(今つないでいるのがそのお店。パトンビーチの北側で「SATORU」と大きく表示があります)

* パタヤより海はキレイです

プーケットは津波のせいで、もっと復興が遅れているかと思っていたけど、実際はそうでもない、と言うかたくましく生きてるって感じがします。でも、僕の印象ではパタヤよりガツガツしてない雰囲気がありますね。人々の顔も少し穏やかに見えます。

しかし、中には商魂たくましい人たちもいて、津波のときの映像や画像を観光客に売っている人もいます。
まぁ、皆生きていかなくちゃね。

* 夕食は

近くのサラタイリゾートのレストランへ行きました。二人とも[サーフアンドターフ](ロブスターとステーキの定食)を頼みました。これで一人B300とは良心的。
プーケットはシーフードがおいしいことで有名です。

帰りにスーパーが地下に入っているショッピングモールで、水などとTシャツを買いました。
今回僕は本当に、数枚しかシャツ類を持って来ませんでした。と言うのも、洗濯代が以上に安いからです。途中でなくなったりすることも、まずありません。
ただ、すこぉーし遅いだけです。

道々歩いていたら、ゴージャスな外装のシーフードレストランを発見!!「明日はここにしよう!」と決まりました。
名前はサヴォイ。たのしみー

by kokimix | 2005-07-27 16:20 | 旅行記
<< タイ旅行 7日目 7月26日 タイ旅行四日目 7月23日 >>