飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

<なまり>と<方言>

昨日夜やっていたテレビ番組で、僕の好きなマシュー南/藤井隆が「お国言葉なまり禁止」ゲームをやっていた。
d0053041_2284675.jpg

英語禁止ゲームに近いノリ(とにかく爆笑!)なのだが、もっとそれぞれのお国言葉と言うのはつい出ちゃうような自然なものですよね。(僕は東京育ちだから、いまひとつ実感がない)いつも使っている言葉なのに、よく考えて見たら方言だった、なんてもこともあるくらいだし。そこで、音楽劇「出島」に出演した時に特訓した長崎弁を思い出した。

長崎弁ひとつをとっても、長崎市内・島原・佐世保などそれぞれ微妙に違うもので、なかなか難しい。うちの母が長崎育ちなので、個人的に長崎弁には馴染みが深く、そんなにドギマギすることもなかったと思うが、うちの母が愛野町(諫早市の近く)なので、どうしても僕の耳は島原弁で慣れている。一緒に出演していたY.A.さんが長崎出身で方言指導も兼ねていたのでたずねてみると、少しばかりやはり違うようだ。(彼女の指導していたのは市内弁)

方言は他の言語ではないが(言語としてのシステムが同じなので)、ものすごく違って聞こえる場合があるので(関西弁と関東弁は恐ろしく違うし)、外国人などに説明するときにとても困る。

以前、うちの同居人:ジョン(アメリカ人)に、ツッコミを覚えてもらうために「お前はアホか!」を練習させたが、バカとアホがどう違うのかとか、いつもとんちんかんな方に話が行ってしまう。これは「お前はバカか!」と言うとケンカになっちゃうもんね。

英語に方言はあるのかというと…あります。少なくともイギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語の少なくとも3種類があるから。それぞれに、地方色豊かな方言<dialect>があって、ジョンの英語はどちらかと言うと南部なまり。早口でまくし立てる東部弁、やたらと母音がはっきりしている西部弁、イギリスにもスコットランドなまりとかコックニーなまりとかいろいろあるようです。

昔仲良くしていたアメリカ人に、関西弁の達人がいて、まるでダニエル・カールの関西版といった感じ。多分まだ大阪は福島駅の近くで、社交ダンスの先生をしているんじゃないかと思うんだけど。ジョエル、元気かーっ?!

♪こーき

by kokimix | 2005-07-01 22:10 | 外国語
<< The WIZ Dreamgirls映画版、キ... >>