飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

忘れないうちに

読了@死せるもののすべてに

僕より年下の1968年生まれのアイルランド人が書いた猟奇ミステリー

講談社文庫がいかにも好きそうな、ちょっとアメリカ映画のような雰囲気の話で

舞台もアメリカ東海岸(NYとかニュージャージーあたり)と

後半は南部のミシシッピー

自分の妻子を無残に殺され

その心の傷が癒えぬ間に、殺人の捜査をする羽目になる

元警察捜査官、現私立探偵の話だが

意外と、ハードボイルドで

音楽と詩が奇妙に絡み合う不思議な作品だった

でも、詳細まで「この殺しがどれくらい凄惨だったか」を事細かに記述するやり方は

一風、どこかホラー小説のようでもあり

もしかしたら、映画化されているかも知れない

日本版の本は、上下刊なので、後半の下巻を読んで行くうちに

段々犯人はおぼろげながら分かっては来るのだが

これだけ長い小説だと、みんな同じように聞こえる登場人物の羅列だと

巻頭の「登場人物表」を絶えず見てないと、訳が分かんなくなるのと

ちょっとひとつひとつのディテールに富んだ表現が、少々テンポを悪くさせているのにも拘わらず

ココ大事でしょ。と思うところで、急に説明^^;)が簡単になる辺りが…どうなんだろう

これって、イギリス映画とかで良く出くわすジレンマと言うか(´`)

ま、いいんだけど

by kokimix | 2010-06-23 00:03 |
<< 今日食べたもの なんだ、この行列? >>