飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

蜘蛛女って??

d0053041_10574986.jpg

「蜘蛛女っていったい誰のことを指してるんだろう?」最初映画版{ウィリアム・ハート(アカデミー賞受賞)ラウル・ジュリア、ソニア・ブラガ}を観た時にそう思いました。

蜘蛛女はモリーナのイメージの中にしかおらず、実在しないので現実の登場人物の中に、他にそれに相当するキャラクターを探そうとしたのですが、見つかりません。かなり観念的な問題です。

マルタ?(ヴァレンティンの恋人)…違いますね。恋人だと思っていたのはヴァレンティンだけなのですから。彼女もまた、幻想の中に生きている。ちなみに、モリーナが一幕後半で歌うShe's a womanのsheとはマルタを指しています。最初はオーロラのことなのかと思っていたのですが、演出家からマルタのことだと解説がありました。

まさかモリーナのママ?…それも考えにくいですね。モリーナの性格だったら、<ママのために>生きようとするから。

…ってことは?刑務所長?まさかそんな短絡的なことはないでしょう。

一緒に映画を見ていたカナダ人の友人が「官房でヴァレンティンにキスしたときが、死へのキスなんだよね。ってことは、ヴァレンティンが蜘蛛女の役割なんじゃないかなぁ。」へ??新解釈…

なるほど確かに、ヴァレンティンにキスしたことによって、モリーナはママを捨ててまで任務に向かったわけだから…一応筋は通ってる。

言わば、二人がキスしてしまったこと(ヴァレンティンは最初積極的にモリーナにキスしなかったが)によって、双方に死への可能性が生まれてしまったと言うことでしょうか。う~ん。

いずれにしても、モリーナの中でヴァレンティンが優先順位のトップに来てしまったわけで、それは現実のものであってオーロラのような幻想ではない。この作品のクールでシニカルな所が、ブロードウェイらしくなくて好きなのです。





♪こーき

by kokimix | 2005-06-30 11:02 | ミュージカル
<< Dreamgirls映画版、キ... 蜘蛛女とトートの違い >>