飛んだ!ひ・こーき!@森田浩貴の思うまま


アッという間に50なっちゃった( "゚ o゚")ドーシヨ
by kokimix
最新のコメント
カテゴリ
【あんた、誰?】
東京都内で歌い手(専門はミュージカル)を営んでいる50前男です。時々司会・通訳もします(^^)
11月20日金曜日中目黒楽屋でライブを行います!みなさま良くご存じのスタンダードばかりを集めたプログラムです。バイオリンも共演!美味しいお料理で評判のお店に、ぜひお越し下さい!!
ブログパーツ
以前の記事

宮本亜門さんに言われたこと

d0053041_10382338.jpg

合計で2本、ご一緒する機会を得ました。一本は先立ての「香港ラプソディー」、もう一本は大地真央さん主演の「サウンド・オブ・ミュージック」です。

先立ての記事の通り、「香港」での初日はハプニングの連続で、緊張感を楽しむ余裕もないまま過ぎてしまった感がありました。

稽古中から亜門さんの演出の仕方は独特で、今にして思うと大変先駆的な方法を採られていたと思います。僕が天安門のシーンで上手く気持ちが作れないでいると、歌っている最中にそばに来て「今左上の遠くのあたりで炎が燃えてるよ、段々軍隊がこちに迫ってきてるよ、どうしたらいい?どんな気持ち?」と絶え間なく語りかけてくれたのです。大抵の演出家は、役者に一通りやらせて、それを見た後それについてのコメントなりダメなりをするのが普通と思っていた僕にとっては、とても新鮮に感じました。まるで、モデルとカメラマンの関係のような…

そんな亜門さんが、件の「トラップドアが開かず、上手く退場出来なかった」後に、僕に言った言葉が「あのタイミングは最悪だったねェ~それにしてもさ、森田って<女優>なんだもんな~」でした。?…女優??

この真意は、後で聞かされたのですが、僕がその事故直後に緊張のあまり、スタッフに聞こえる程度の声で文句(上手く退場できなかったのはドアが開かなかったせいだということ)を言っていたのを、どこからか聞きつけたからだという話でした。確かに、お偉い<女優>さんは、周りにグダグダ言うイメージあるしね。

あら~やっちゃった。それ以来僕は、なるべくスタッフの方とは仲良くするように努めています。なんと言っても、スタッフあってのキャストですから。(ヨイショっと)でも本当に、その頃の僕はソロをちょっともらって浮かれていたので、ちょうどいいお灸でした。

最近「太平洋序曲」がトニー賞ベスト・リバイバル賞を逃したという話を聞きました。(受賞は「ラ・カージュ・オ・フォール」)なんだかんだ言っても、まだまだブロードウェイは東洋人に厳しい、保守的なところなので(まだハリウッドの方が寛容)仕方がないですね。亜門さんだったら、またすぐチャンスがあると思います。
d0053041_10395919.jpg




♪こーき

by kokimix | 2005-06-23 10:43 | ミュージカル
<< たあこさんとの思い出 ありえない事故 >>